オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

狭山市 セネターでの屋根カバー工事 棟板金取り外し


b8722eb74ecbb37b15f0659a89777be0-1-columns1

こちらのお宅では前回、外壁と屋根の高圧洗浄をおこないました。

しっかり乾燥を待って、今回はセネターでの屋根カバー工事前に既存の屋根の棟板金取り外しの様子をお伝えします。



屋根の一番高いところを棟といいます。そこに取り付けられているのが棟板金です。

まずは板金を外します。


板金の下には「棟下地」または「貫板」と呼ばれる木材の下地が取り付けられています。


それが上の写真です。


カバー工法の障害となるので、この棟下地もすべて取り外して既存屋根をフラットの状態にします。



この木材の下地が腐食してしまうと、棟板金を留めている鉄くぎが抜けやすくなり台風や強風の際に棟板金が飛ばされてしまうことがあります。


088f7c58e553880ca71c092fa1aa8aca-1-columns1

そもそも棟板金とは何なのでしょう?


屋根の頂部は尖っているのでその継ぎ目は、どうしても隙間ができてしまいます。

そのため雨が侵入しないよう、その形状に合わせて板金で蓋をするのです。


その部分を「棟板金」といいます。


この部分は一番風を受けやすいこともあり、くぎが浮いたり、抜けてしまったりすると

板金が外れ飛散することもあります。


台風の後などは、板金の修理依頼がとても増えます。


もしも、強風の際に屋根からパタパタと音がするようなことがあったら、棟板金が外れそうになっているかもしれませんので、お早めに点検依頼をしていただくことをおすすめします。


225b41c596e64231631a9457412bbc8b-columns1

切妻の屋根なら、頂点はひとつですが、寄棟屋根なら頂点が増えるので棟も増えます。

屋根によっては棟違い屋根と呼ばれるものや複雑な屋根の形状では棟の箇所も長さも違います。


66ef508536d99b9329d9de2531675537-columns1

屋根の軒先に雪止め金具が設置されている場合があります。

屋根からの落雪を防ぐためのもので、積雪地域では欠かせません。


カバー工法をおこなう際には障害となりますので、すべて取り外すことになります。


これで屋根はフラットな状態となりました。


ここに次回はルーフィングと呼ばれる防水シートを貼っていきます。



棟板金について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

    ↓      ↓

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

7c1b82c0b8ecc86ea7d5845bcdab18d9-8-e1614870242150

こちらは、前回までに経年劣化で汚れが目立っていたモルタルの外壁を高圧洗浄し乾燥をさせ、養生が終わりました。今回は、フッ素塗料による外壁塗装をはじめていきます。フッ素系塗料は紫外線に強く、耐候性と耐久性を兼ね揃えたメリットの高い塗料です。まず...........

3e5c9ec8296c8f1443c927b8d19a51be-3-e1614869403783

こちらは前回までに高圧洗浄が終わりました。今回は塗装前の準備として、養生をしていきます。写真の緑のテープで窓枠を養生しているのが、養生用ビニールと養生テープが一体化した「マスカー」です。貼ると覆うという二つの作業が、同時にできるので作業時間...........

c2219134c2d65fb083a850a9ad462b63-1-e1614527532622

こちらは前回、点検・調査を終え経年劣化で汚れたモルタルの外壁を塗装することになりました。今回は塗装前の下準備として、高圧洗浄で汚れを根こそぎ洗い流していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680