オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

所沢市で屋根修理と一緒に外壁塗装できないアパートの壁の貼替工事


IMG_2056-columns2
所沢市のアパートのオーナー様からのご依頼で外壁調査、屋根調査を実施したところ屋根は時に問題はなかったのですが外壁のありとあらゆるところにクラックが(ヒビ)入ってしまっており補修と外壁塗装だけでは解決できないので漏る辰を剥がしサイディングを貼る事をお勧めしました
IMG_2057-columns2
横クラックは外壁から雨水の侵入を促進させてしまいます。外壁の内側に雨水が浸入するということは下地の木部に雨水が当たり木を腐食させてしまします。すでに手で押すと外壁がパカパカしていました。
2019_02_15_09_45_38_977_0-columns2
この状態ではおそらく木部の補修も検討しておかなければなりません。外壁、屋根のリフォームのお見積もりをする際にこの危険予知(リスクマネジメント)を必ずしておかなければなりません
2019_02_15_09_45_38_983_1-columns2
外壁をカッターで削り下地の木部を露出させます。やはり木部が腐食していました。新しい木材で補強をしていきます。
2019_02_15_15_17_10_523_13-columns2
木部の補強を終え透湿防水シートを張っていきます。サイディングの場合、万が一外壁の中に雨水が浸入しても雨水をはじき木部への侵入を防いでくれます
2019_02_15_15_17_10_528_14-columns2
透湿シートは水は通さないが湿気(水蒸気)は通す性質を持っています。厚さは0.1mm~0.5mm程度で施工もしやすいシートです

2019_02_18_10_35_26_584_2-columns2
15mm厚の防腐材注入胴縁を打ち付け通期層を造ります。下地の材木が防腐処理済みなので万が一雨水が浸入し胴縁が雨水を吸収しても腐食することはありません
2019_02_18_10_35_26_589_3-columns2
通期工法という工法でサイディングを貼っていきます。胴縁と胴縁の間に空気層がある為、空気が流れ木材などを常に乾燥させ内部結露を防ぎます
2019_02_18_18_47_04_260_0-columns2
モルタルを剥がした部分のサイディングの施工をしていきます。石積朝のシンプルなサイディングですが機能性、意匠性ともに全く新しい外壁に生まれ変わりました。
2019_02_18_18_47_04_278_2-columns2
既存のモルタル部分との継ぎ目は見切り板金で施工します。変成シリコンでしっかりと防水し、古い外壁と新しい外壁の境目の雨漏りを防いで施工完了です

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

a7019bdb44b9ba26caf2dae9c1dbcc32-1

こちらのお宅では、昨年の台風で屋根のスレート材が割れてしまい さらに棟が飛ばされてしまいました。屋根補修のご相談をいただき前回、現場調査に伺いました。前回の現場調査の様子はこちらからご覧になれます。   ↓        ↓日高市 台風で屋...........

def13f3dc3b8a4d4b6558d5b028643f5

今回のお宅は、屋根の施工がご希望です。昨年の台風で屋根の棟が飛ばされてしまったそうです。

IMG_4584

ご依頼は、屋根の施工でしたが合わせて外壁塗装も行うことになったお宅です。<Before>

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680