オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日高市 台風で屋根の棟が飛ばされてしまったお宅の現地調査にいってきました


def13f3dc3b8a4d4b6558d5b028643f5-columns1

今回のお宅は、屋根の施工がご希望です。


昨年の台風で屋根の棟が飛ばされてしまったそうです。


319082c096c1a2ec590f60b47c048845-columns1

それではさっそく、屋根を点検していきます。


スレート材が紫外線による色あせと、苔やカビの発生が見受けられます。

雨樋も汚れと苔のようなものがびっしりと付着しています


426b956506e4f817a6614f24f11f138c-columns1

防水塗膜も劣化しているようです。

スレート材は表面が塗装されていて、この塗装でスレート自体に雨水が染み込むことを防いでいます。


経年劣化で表面の劣化が進むと、塗料が粉状になり剥がれてきます。

撥水性能もどんどん低下していくので、さらに水捌けが悪くなっていくというスパイラル状態に。


屋根は定期的なメンテナンスが必要です。

放置していた期間が長ければ長いほど、ダメージの大きさの分 大掛かりな工事になっていきます。


スレート材の耐用年数は

塗装などのメンテナンスがあった場合は、30〜35年に対し

塗装などのメンテナンスがなかった場合は、20年程度といわれています。


メンテナンスのタイミングは8〜10年がベストです。


スレート材のメンテナンス方法はこちらをご覧ください。

   ↓       ↓

スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法
81d80f67d105262418adb020bd128900-columns1
この写真は棟板金が台風で飛ばされて破損し、今にも落ちそうにぶら下がってしまっています。
劣化の原因から台風や暴風の際にこのように飛ばされてしまう事も多く見られます。
とても危険です!

もしもこの状態で棟が落下してしまったら・・・。
下にいた人や大切なものに直撃してしまったら・・・。とても大変な事故につながります。
棟板金も定期的に調査やメンテナンスが必ず必要になります。

「棟板金」の役目は、雨を適切に処理すること。

屋根の内部に雨水が侵入するのを防ぎます。

不具合が起こると、雨漏りに直結します。


棟板金はその名のとおり、「板金」なので金属です。


表面は塗装されていますが、サビや色あせは劣化の証拠です。

サビで水捌けが悪くなり、余計に酸化を早めます。


一旦サビが広がりだすと金属を脆くしていきます。

酷い場合は穴があいて雨漏りの原因となったり、折れ曲がり飛散することもあります。



台風などの悪天候で不具合が発生した際は、街の屋根やさん所沢店に

ご相談ください。


無料ですぐに点検・調査いたします。


ご相談・お問い合わせはこちらへ

  ↓        ↓

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 ベランダ防水工事 (1)

こんにちは!本日は入間市で行った防水工事リフォームをご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 付帯部塗装 (3)

こんにちは!本日は付帯部の雨戸、庇などを塗装しましたので、その様子をご紹介します。

6a4a70857224f2fe993545fff1399a42-3

こちらのお宅では前回、棟板金と棟下地の取り外しをおこないました。屋根がフラットの状態になりましたので、今回はルーフィング(防水シート)を貼っていきます。ルーフィングは普段は屋根材の下にあるので見ることはできません。その構想上、ルーフィングの...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680