オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

入間市小谷田で瓦棒屋根を縦平葺き工事をしてきました。


こんにちは!
本日は、入間市小谷田で瓦棒屋根縦平葺き葺き替える工事をしてきました。
その様子をご紹介させていただきます。


入間市 瓦棒屋根から縦平葺きに葺き替え 既存
施工前の屋根の状態です。
築40年以上の平屋のお家で、既存屋根は瓦棒屋根です。

瓦とういう漢字が使われているのに、瓦ではないという
不思議な感じでもありますが…。
瓦棒とは、昔ながらのトタン屋根です。
金属板を用いて屋根を葺く工法です。
繋ぎ目が少ないので、傾斜の緩い屋根にも適していて、戦後多くの家屋に使われていました。


シンプルで雨仕舞にも優れている瓦棒屋根ですが、軒先(屋根の先端)から水を吸い上げてしまうと、心木の木材が腐食してしまうという弱点があります。
そこで傾斜の緩やかな屋根で現在主流になっているのが、縦平葺きです。
見た目もスタイリッシュで、心木を用いらないので、腐食の心配も大幅に軽減されました。
こちらのお客様のお家も勾配(傾斜角度)が2寸と、かなり緩やかなので縦平葺きに葺き替えるご提案をさせて頂きました。
既存屋根撤去
はじめに、既存屋根を全て撤去していきます。
専用の工具やハサミを使い一枚一枚撤去していきます。
写真で見える、黒いシートは既存の防水シートです。
経年劣化して、野地板にこびりついていますが、出来る限り撤去します。

野地板張り
既存屋根を撤去し、屋根の上にたまっている汚れや、ほこりなどを全て綺麗に清掃をしたら
屋根の木下地となる野地板を新規に上からしっかり張っていきます。

野地板は屋根の基板となりますのでしっかり取り付けていきます!
ルーフィング敷き
続いては、こちらも最重要工程、防水シートを敷いていきます!

弊社では、日新工業さんの高耐候ゴムアスファルトルーフィング・カッパ23を使用ています。
下葺き(防水シート)は屋根の一次防水となる大切な部分です。
下から上へと重なり幅に注意しながら、しっかりと敷きます。

縦平葺き
ルーフィングがしっかり敷けたら、ようやく縦平本体を葺いていきます!

焼き付けフッ素塗装がしてある高耐候な屋根材となっていますので、長期間、雨漏れなどの心配もせず安心して頂けると思います。

今日の作業は雨仕舞のいいところで終わります。
残り二日間くらいで屋根の施工は完了します。
完成が楽しみですね!

では、また明日も宜しくお願い致します!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

a7019bdb44b9ba26caf2dae9c1dbcc32-1

こちらのお宅では、昨年の台風で屋根のスレート材が割れてしまい さらに棟が飛ばされてしまいました。屋根補修のご相談をいただき前回、現場調査に伺いました。前回の現場調査の様子はこちらからご覧になれます。   ↓        ↓日高市 台風で屋...........

def13f3dc3b8a4d4b6558d5b028643f5

今回のお宅は、屋根の施工がご希望です。昨年の台風で屋根の棟が飛ばされてしまったそうです。

IMG_4584

ご依頼は、屋根の施工でしたが合わせて外壁塗装も行うことになったお宅です。<Before>

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680