オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

入間市で屋根葺き替え工事の為の既存瓦撤去


瓦葺き替え撤去
本日は既存瓦の撤去についてご説明させていただきます。
お施主様は瓦屋根は重くて地震、災害に弱いと気にされていたのでKMEWのルーガでの葺き替えをご提案させていただきました。既存のセメント瓦は1坪148Kgに対し今回ご提案させていただいたルーガは1坪64Kgと約半分の重量を実現しています。

瓦撤去
セメント瓦、陶器瓦などはすべて手作業で一枚一枚剥がしていきます。剥がすスピードや剥がした瓦を積んでいく精度は熟練の職人さんなくしては成り立ちません。葺き替えは一日で防水までの工程を必ず達成しなくてはなりません
瓦撤去
8時に作業を開始して10時までには瓦を剥がし終わります。瓦を剥がすと昔のルーフィングが確認できます。築30年ですと昔のルーフィングがビニール製で熱に弱くちじみやすくなっています。一部屋根の下地(木部)が見えていますね
瓦葺き替え撤去
実はこの下葺き(ルーフィング)が非常に重要な役割を担っています。普段の雨などでは考えられませんが台風などの場合はいくら瓦といえども(昔の瓦)雨水が浸入します。ルーフィングはその雨水を下まで通さないように防ぐ役割があるのです
20181012_135503-columns2
瓦桟をとっていき掃除をしていきます。この掃除がポイントでしっかりと埃やゴミをほうきとちり取りでとっていきます。弊社の剥がし専門の職人さんは年間に約380棟の屋根を剥がしています。おそらく埼玉県では一番瓦を剥がしているでしょう。
20181012_135523-columns2
真夏の剥がしなどは暑さとの闘い、熱中症との闘い、ゲリラ豪雨との闘い、などがありとても大変なお仕事です。しかし職人さんはその様な危険を予知しまた予防しながら仕事を進めていきます。正にプロですね
20181012_151520-columns2
しっかりとそうじが終わったら下地の合板を貼っていきます。掃除の精度が悪いと合板と既存の屋根の間に土などが挟まりサンドウィッチ状態になり下地の合板が浮いてしまいます。
2018_10_15_10_22_16_334_2-columns2
下地ができたらゴムアスルーフィングを敷いていき雨養生します。ここまでを一日で施工しなくてはなりません。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

a7019bdb44b9ba26caf2dae9c1dbcc32-1

こちらのお宅では、昨年の台風で屋根のスレート材が割れてしまい さらに棟が飛ばされてしまいました。屋根補修のご相談をいただき前回、現場調査に伺いました。前回の現場調査の様子はこちらからご覧になれます。   ↓        ↓日高市 台風で屋...........

def13f3dc3b8a4d4b6558d5b028643f5

今回のお宅は、屋根の施工がご希望です。昨年の台風で屋根の棟が飛ばされてしまったそうです。

IMG_4584

ご依頼は、屋根の施工でしたが合わせて外壁塗装も行うことになったお宅です。<Before>

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680