オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

所沢市北中で外壁のひび割れ(クラック)補修を行いました


こんにちは!

先日は令和に入ってから初めて関東で真夏日(30℃を超える日)を迎えました。
これから暑い日が多くなると思うと嫌になりますね・・・
そうなると心配になってくるのは熱中症です。
水分補給をしっかりして暑い日々を乗り切りましょう!

今回は所沢市北中での外壁のひび割れ(クラック)補修の様子をご紹介します。
外壁 ひび割れ(クラック)補修
通例ですと外壁塗装の前には、最初に高圧洗浄による壁の汚れ落としですが、
今回の場合、外壁にヒビ割れ(クラック)が入ってしまっています。
そのため、そのまま洗浄を行いますと建物の内部に水が浸透してしまいますので、
まずはしっかりとひび割れの補修から行っていきます。
外壁 ひび割れ(クラック)補修 2
コーキングによってひび割れの補修を行っていきます。
最初にプライマー(下地)を塗布して外壁とコーキング材の接着をよくします。
コーキングガンを使い、ひび割れの奥、すみずみまでコーキング材を充填し、
そしてヘラを使い平滑にならしていきます。
外壁ひび割れ(クラック) コーキングによる補修作業
使用するのは耐候性・接着性・耐久性などに優れたコーキング剤です。
外壁などの目地やひび割れには、動きのある部分に関しては柔らかくてよく伸びる、
低モジュラスな材質のコーキング剤を選ぶ方が良いです。

しかし今回はひび割れが特徴的ですよね?
どうして縦方向ばかりに、しかも無数にできてしまったのでしょう?
外壁の縦方向のひび割れ 劣化の原因 下見板
実はその原因は上記写真のような、昔の商店や住宅に使われていた板張りの壁の下地に原因がありました。
今回の工事のお家は既存の外壁はモルタルを吹付塗装してある外壁でしたが、
それは一度目のリフォームで行った塗装だそうで、もともとの既存の外壁はこのような木材で作られた、
写真のような昔の住宅等に使われていた木造張りの「下見板」の外壁だったそうです。

そのため、一番内部の下地である下見板の木材が経年劣化により損傷してきたため、
その上のモルタル壁もそのままの通りにひび割れ、さらには木部も露わになってしまったようです。

外壁ひび割れ(クラック) コーキングによる補修作業 2
木材は雨などに濡れれば腐食してしまいます。
また、木部が露出した状態で塗装の前作業の高圧洗浄を行ってしまうと
さらに外壁の傷みを進ませるだけになってしまいます。

そのため、既存の下見板のつなぎ目部分の上にできたひび割れに沿って
コーキング補修を行ったため、上記写真のようなシマシマ模様になったという訳です。

このまましっかりと乾燥をして高圧洗浄、塗装の作業に入っていきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 養生作業 (2)

こんにちは!本日は入間市で行った養生作業、外壁の下塗りの様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (9)

こんにちは!本日は入間市でのコーキング打ち替え工事をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 防水紙

こんにちは!本日は入間市での軽量屋根のカバー工事の様子をご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680