オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

狭山市で築35年のセメント瓦を軽量高耐久屋根材セネターに葺き替えました


IMG_1240-columns2
築35年のセメント瓦を一度もメンテナンスしたことなく屋根がどうなってるかも心配で更に地震が来た時の事がとても心配なので一度屋根を調査してほしいと施主様からご依頼がありました。調査を実施したところ瓦のズレ・割れなどは確認されませんでしたが塗膜が剥がれてしまっていてセメントの地がむき出しの状態だったのでちょうど葺き替え時期を迎えていますとお伝えしました。
IMG_0292-columns2
セメントの瓦を一枚一枚丁寧に剥がしていきます。職人さんが一人で瓦を何枚くらい持ち運びできるとおもいますか?若い職人さんで約8枚くらい年輩の職人さんで約5枚くらいが平均です。重さにすると約36kgを屋根の傾斜で足元が悪い中運んでいます。慣れている職人さんじゃないと転んでしまったり屋根の野地を抜いてしまったりと簡単ではない仕事です。
IMG_0299-columns2
約500枚強のセメント瓦を降ろし終えたら次の工程に移ります。瓦桟を一本ずつバールとゲンノ(瓦屋専用金槌)で剥がしていきます。ここで気を付けなければなりません。おそらく屋根の葺き替えをした職人はほとんどの人が同じ過ちをおこしております。それは古くなった釘の頭のお皿が取れて針状態になってしまいその釘を踏んづけて出血するというケガです。地味に痛いです。
IMG_0298-columns2
釘に気を付けながら瓦桟を剥がし終えたら掃除をしていきます。瓦の下を見る機会なんて施主様には絶対にないですよね。意外と瓦の下には土嚢袋で20袋位の土埃がたまっているんですよ。しかし安心してください弊社はしっかりときれいになるまで屋根を掃除を致します。
IMG_0303-columns2
次に12mmの野地合板を貼っていくのですがここでまた注意しなければなりません。屋根の上で自分よりも大きな合板を持ち運びするのですが突風が吹くと風をまともに受けてしまい凧のように合板ごと身体がもっていかれてしまいます。非常に危険です。
IMG_0312-columns2
いろいろな危険を乗り越えゴムアスファルトルーフィングを敷き防水します。ここまでの作業を一日で仕上げなくてはなりません。職人さんも3~4人は必ずいなければここまでの工事を達成する事は出来ないでしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

line_359331650611830-e1618921725976

こちらは前回までに、屋根の葺き替え工事は終わりました。これまでの工事の様子はこちらからご覧ください。   ↓      ↓入間市 瓦屋根を軽量化した屋根へのリフォームをご希望のお宅の現地調査入間市 瓦屋根から超軽量で耐震性に優れたセネターで...........

DSC_0557-e1618902432993

こちらは前回、瓦屋根から軽量の屋根にしたい!とのご相談をいただき、現地調査にうかがいました。点検・調査の結果、屋根の葺き替え、付帯部塗装、室内階段手すりの設置をおこなうことになりました。前回の現地調査の様子はこちらをご覧ください。  ↓  ...........

IMG_8538-e1618845761473

こちらは、築30年のお宅です。瓦屋根のお家のメンテナンスを検討しているとのご相談をいただきました。こだわりをもって建てたお家なので、大事に長く住み続けたいとのお考えから、瓦屋根から負荷の少ない軽量の屋根にしたい!とご希望です。さっそく現地調...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680