オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

狭山市鵜ノ木でコロニアルの上にカバー工法でオークリッジの施工を紹介します。


2018_10_13_09_49_09_894_0-columns2
25年間一回も屋根のお手入れをしていないということなので屋根を調査させていただいたところやはり屋根材の塗膜が剥がれていてスレートの下地(セメント材)が見えてしまっている状態でした。
2018_10_13_12_01_32_662_0-columns2
スレート材の下地が見えた状態でそのままにしておくと雨水を吸ってしまい更なる劣化につながります。築25年を経過しているのでアスベスト混入材の可能性もあります。
2018_10_13_09_50_13_215_0-columns2
既存のスレート材を剥がし処分して新しい屋根材を施工することも可能ですがアスベストを処分するには莫大な費用が発生してしまいます。また処分方法などが独特の為、剥がす人件費もかさみます。
2018_10_13_17_13_21_746_0-columns2
そこでコストもかからず工期も短く済むカバー工法という工法が主流になりました。また、ただカバーするのではなく高耐久な材料で屋根のお手入れをしなくてよい屋根材が多くのお客様に選んでいただいております。
2018_10_13_14_12_12_615_0-columns2
屋根のリフォームで一番注意したい施工箇所は壁際です。下の屋根(下屋)に存在する施工箇所ですが屋根が壁に潜っていて雨水の侵入を防ぐように施工されています。壁際を雨水の計算もせず適当に施工してしまうと後々雨漏りの原因になったりします。
2018_10_18_11_17_31_661_0-columns2
屋根が美しく生まれ変わり、耐久性が向上する屋根リフォーム。まずは屋根調査をしご自身のお家の屋根がどのような状態なのか知る事から始めましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

a7019bdb44b9ba26caf2dae9c1dbcc32-1

こちらのお宅では、昨年の台風で屋根のスレート材が割れてしまい さらに棟が飛ばされてしまいました。屋根補修のご相談をいただき前回、現場調査に伺いました。前回の現場調査の様子はこちらからご覧になれます。   ↓        ↓日高市 台風で屋...........

def13f3dc3b8a4d4b6558d5b028643f5

今回のお宅は、屋根の施工がご希望です。昨年の台風で屋根の棟が飛ばされてしまったそうです。

IMG_4584

ご依頼は、屋根の施工でしたが合わせて外壁塗装も行うことになったお宅です。<Before>

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680