オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日高市の方へ知ってほしい!失敗しない外壁の色の決め方とは?


IMG_4094-1-columns1

日高市の皆様、こんにちは!

皆さんは家までの帰り道に、周囲の家に注目してみたことはありますか?

ベージュの家もあれば、グレーや黒の家もあります。


その外壁の色で優しい雰囲気に感じたり、スタイリッシュに感じたりと選ぶ色でイメージは変わりますよね。


外壁リフォームを検討する際には、どんな色だとどんな外観になるのかと色選びに迷われると思います。

理想のお家の外観がイメージできるよう、お洒落な色の選び方や塗り分けの方法をわかりやすくお伝えしていきます。 


外壁で人気のある色はベージュやホワイト、そしてブラウンです。

ベーシックな色味が好まれる傾向があります。


グリーンやピンクなどの色味のある外壁にしたけれど、年月の経過とともに好みが変わってきて飽きてしまいやっぱり馴染みやすい色がいいというところに落ち着かれる方もいます。



IMG_2840-columns1

色みのある中でも、レッドやオレンジなどの濃い色の外壁は次回の塗装が難しくなる場合があります。


もとに使っている塗料にもよりますが、塗ってある濃い色の上からベーシックな色を塗る場合 なかなか隠れず何回も塗料を使わなければならないといったことも。


また、ご近所の住宅との調和も考えなければなりません。

特に鮮やかな色を検討しているならば配慮が必要になってきます。


彩度が高い色は華やかですが色あせしやすいという難点があります。

色あせを避けたいのであれば、彩度の低い色を選ぶと長期的に色を保つことができます。


※彩度=例えば赤い色の場合、彩度が高いと真っ赤に低いとくすんだピンクになります。



IMG_0001-columns1

また、色を決めて塗装工事が終わって見ると イメージしていた色と雰囲気が違うということもあります。


これは見え方や状況によって色の印象が変わってくるためで、そのことを覚えておくと選ぶときの失敗が少なくなります。

例えばこのような場面でです。


● 1日を通して 朝・昼・夜と太陽の向きや電灯のつき方で違う

● 家の形によって出っ張っているところがあるとそこに影ができかたで色が違って見える

● 色の性質上、面積が広いときと狭いときで見えかたが違う

● 色見本で見たときと、実際に外壁に塗ったときの微妙な印象の相違

● 外壁がつやがあるタイプや凹凸があるタイプなどによっても色の出かたは変化します。



2225637_s

汚れの目立ち方はどうでしょうか


真っ白な洋館に憧れたりしますが、やはり白は汚れが目立ちます。

純白よりも少しだけ黄色がかった色の塗料を使うことがポイントです。

同じように、漆黒も少しだけ白みがかった黒系にすることで汚れを目立たなくできます。



いかがでしょうか?

外壁塗装というのは色一つを変えるだけで一瞬にして家のイメージを変えることができるので、今までとはまた違った雰囲気を楽しめるのが良いところです。


色のイメージを掴むために、街を歩いていろいろなお宅を見て回ることも良いヒントになります。気をつけて見ていると2トーンで塗り分けられているお宅を発見するかもしれません。

汚れが目立たない家も見つけることができると思います。


イメージが掴めてきたら、実際の家の壁の見本で雰囲気を確認してみてください。

その際は屋内ではなく、必ず屋外に出て確認することが大切です。


ぜひ、お気に入りの色を見つけ、イメージをご相談ください。


外壁塗装の詳しい説明はこちらをご覧ください。

    ↓      ↓

屋根塗装・外壁塗装で屋根と外壁の防水性を回復させる
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680