オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁の種類、特徴と塗装時期の目安に関して


こんにちは!

本日は外装リフォームの適切な時期に関してです。
年間を通して風雨に晒され、日々劣化していく外壁ですが、傷みが進行してきますと、
塗り替えではなく、外壁自体の張替えなど大掛かりなリフォームが必要になります。

そこで今回は本格的に傷む前に知っておきたい、外壁の種類や特徴、塗装時期の目安、
よく起こるトラブルなどに関して見ていきたいと思います。

外壁塗装を考える上で重要なこととは?

外壁のクラック(ひび割れ)

外壁リフォーム、特に外壁塗装を考える上で重要なのは、
ご自身の家の外壁素材の種類について知ることです。

外壁材には大きく分けて7種類あり、それぞれに良し悪しがあります。
そしてその上から塗る塗料にも向き不向きがあるため、適切な塗装作業が必要になりますが、
残念ながらどんな外壁にも定番の同じ塗料で塗装している業者も多いようです。

また、ただ塗装するだけではなく、傷みが出ていればそれに応じて補修や修理も必要になりますので、
まずはご自身の家の外壁に合った工事をするため、最初に壁の種類を確認してみて下さい。


外壁の種類と特徴、塗装目安

外壁の塗装作業
それでは、下記に外壁の種類と特徴、塗装目安をまとめたのでご覧ください。
塗装目安に関しては「傷む前」という考え方で設定しています。

種類① モルタル壁 塗装目安 8~10年
特徴 → 砂とセメントを水で希釈し混ぜ合わせコテで塗り付けた外壁材。
     強度が強く防火性もあり信頼性は高いが、防水が切れると傷みは早い。
よく起こるトラブル:モルタルの剥離、クラック(ひび割れ)、浮き、退色、カビ汚染

種類② 窯業系サイディングボード(石膏とセメントなどを固めたボード) 塗装目安 7~8年
特徴 → モルタル壁に縦や横に貼り合わせる外壁材。表面はタイルやレンガ調で塗装の必要性は
     無いように思われるが、石膏やセメントの混合であるため、防水が切れると劣化が早い。
よく起こるトラブル:目地コーキングの割れ、ボードの反り、割れ、爆裂、白い粉がつく、退色

種類③ 窯業系サイディングボード(石膏とセメント等のボード、木質チップ含有のもの) 塗装目安 8~10年
特徴 → パネル状の外壁材。目地のコーキングが少ないため痛みは少ない。素材は石膏とセメントの
     混合のものが多く強度は高いが、水を吸い続けると弱い。木質チップ含有は耐久性高い。
よく起こるトラブル:ボードの反り、割れ、爆裂、白い粉がつく、退色

種類④ トタン壁(板金のものやガルバリウム鋼板、錆びにくいトタンも有) 塗装目安 10~15年
特徴 → 金属素材で防水性は抜群。美観や断熱性の問題を気にしなければ耐久性は長い。
     気候の厳しい地域では昔からよく使われている。
よく起こるトラブル:白サビや赤サビ等の腐食、風による浮き、退色

種類⑤ 金属系サイディングボード(スチールやアルミなどの金属鋼板) 塗装目安 10~15年
特徴 → 金属鋼板の裏側に強度の高い断熱材がついており、スチール系やアルミ系など種類はあるが
     基本的に軽くて耐久性も長く、手入れが少ない外壁材
よく起こるトラブル:スチール材の場合にはサビや褪色、アルミ材は柔らかいので注意が必要

種類⑥ ALCボード(エアーライトコンクリートの壁、ビルによく使われる) 塗装目安 10~15年
特徴 → コンクリートを軽石のように作り軽量化させたもので、強度は強いが長期間放置すると
     内部からボロボロになる。手入れが遅くなると再塗装はできない。
よく起こるトラブル:爆裂、退職、クラック(ひび割れ)

種類⑦ コンクリート壁(最も強固だが湿度の高い地域での採用は少ない) 塗装目安 15~20年
特徴 → 強度は強いが古い建物だと水が内部に廻って専門的な改修が必要となる。
よく起こるトラブル:内部鉄筋の爆裂、爆裂、クラック(ひび割れ)


外壁は種類と特徴を見極めた上でメンテナンスを!

外壁塗装は外壁の種類や特徴を把握して行いましょう
外壁材の種類や特徴、塗装目安に関してでした。
非常に多くの種類がありましたね!

外壁塗装に関しては下記にも掲載しております↓↓↓

特徴もそれぞれ違い把握することは難しいですが、長く住み続ける家ですから、
しっかりと知っておきたい内容でした。

所沢市、狭山市、入間市等で屋根塗装・外装塗装リフォームをお考えの際はぜひ
「街の屋根やさん 所沢店」へのご相談をご検討ください。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680