オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

梅雨があけると本格的な夏!上昇傾向の埼玉県の気温


梅雨があけると本格的な暑さの夏。

全国の最高気温ランキング一位は、2018年7月23日に熊谷気象台で記録された41.1度。
埼玉県内の平均気温は、ヒートアイランド現象と地球温暖化によって、毎年、上昇傾向です。
d4b37c9f04ea7ffbc51bec8ce1abb2cb
埼玉県では昭和33年から昭和42年までの10年間、最高気温が35℃以上の猛暑日は平均3.5日でしたが、平成21年から平成30年の10年間では平均22.1日に増えています。

埼玉県の平野部が夏に周りに比べて暑くなる主な理由のひとつと考えられているのは東京のヒートアイランド現象の影響です。

東京都心部の地面は、緑地や水面が減少して、アスファルトの道路やコンクリートで出来た建物に覆われ熱をため込み、なかなか冷めることがありません。
自動車からの排気やエアコンの室外機から出される空気は、密集したビルに、風の道がさえぎられて、熱がこもってしまいます。

これらが原因となる都市部の気温の上昇がヒートアイランド現象と言われています。

707ba17c7ef8d9ef08b39ef314adf432-columns2
750cc784e068dddf4404e7d3315c130b-columns2
本来なら、涼しい空気が海から埼玉県の陸に向かって吹いて、気温が高くなるのを抑えてくれるはずが、ヒートアイランド現象で熱くなってしまった東京などの大きな都市を通ってくる間に暖められてしまいます。

暖められた南風は、所沢市、入間市、狭山市、川越市などの平野部に!そして、熊谷へ向かい最高気温が高くなりやすい状況をつくり出しています。

住宅にも「暑さ対策」が必要ですね。

今、お住いの家でも遮熱塗料で約3℃も温度を低下する屋根塗装、室内塗装のリフォームなどの対策をする事ができます。

詳しくはこちらをお読みくださいね。
↓ ↓ ↓
2428188_s
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680