オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

漢字の由来からわかったあの小さな屋根「庇」の役目とは?


2562164_s

「庇」の由来をご存知ですか?

庇という字は、屋根の下に「比べる」と書きますが比べるという字は人を二つ書きます。

つまり屋根の下に二人が並ぶ=並んで親しむの意味から 並び親しむ屋根=かばう=庇という漢字が成り立ったそうです。


庇は霧除けとも呼び、窓や玄関の上にある小さな屋根のこと。


最近は、庇がない家もありますがとても便利な屋根なのです。


979519_s

雨の日は横殴りの雨でもない限り、雨が吹き込みにくいので暑い日や換気をしたいときには

窓を開けることができます。

玄関先に庇があると、濡れずに傘をたためますし土間まで雨が入り込むのも防げます。

訪問者を雨の中、お待たせすることもありませんね。


724022_s

晴れの日ではどうでしょうか。

太陽光を庇が遮ってくれるので、日陰ができて夏場は涼しく過ごせます。

直射日光が入らないので、室内の畳や床 カーテン、家具などの一部分が不自然な日焼けをしたり色褪せしたりすることも防げます。

それでは冬が寒いのでは?と思ってしまいますが、冬の日射角度を絶妙に計算されているのです。陽光を部屋の奥までしっかり取り込めるので暖かく過ごせるという先人の知恵が詰まっているのが庇という存在なのです。


197248_s

過ごしやすいのは私たち人間だけではないのです。

じつは建物にとっても、ありがたい存在なのです。


1156404-columns1

庇は窓や玄関などの外壁開口部を雨や汚れから守ってくれます。

雨水が外壁を流れるとそこについていた埃なども流れていき、次第に黒ずんだ雨の跡を作ってしまいます。

窓枠下あたりを雨垂れが伝った黒い汚れの跡がある家を見たことがあると思います。


軒も同じような役割りですが、軒だけではカバーできない窓周り(特に軒から遠い開口部)は庇の役目です。


玄関扉や窓のサッシの汚れや劣化から守ってくれるとどうなるの?

専門的なことですが、劣化から守られるということは玄関扉やサッシまわりのシーリングされている部分に直接雨が当たらないので雨漏りになる可能性をグッと下げてくれるということです。


その由来のとおり、「かばう」のが庇の仕事なのですね。


そのあまりにコンパクトな作りの屋根であるが故、コストを考えると重要性を感じない思っていた方も庇が室内の環境を良くしてくれたり建物を厳しい環境から守ってくれているということがおわかりいただけたのではないでしょうか。


ここまでは庇のありがたさを紹介してきましたが、その庇もメンテナンスを怠ると庇自体に不具合が発生してしまうということも覚えておいて欲しいと思います。


庇表面の防水性が低下したり、取り付けられている境目の部分にクラック(ひび)が入ったりするとそこから雨水が侵入し雨漏りへと進んでしまうこともあるのです。


line_27707348770313-columns1

素材を傷めたり腐食が進行していくことを防ぐためにも、ぜひ塗装によるメンテナンスを実施していただきたいと思います。


塗装によるメンテナンスは屋根塗装や外壁塗装の際に同時におこなうことがほとんどです。

塗装をお考えの方は、まずは無料相談をご利用ください。

        ↓      ↓

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680