オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日本最古の木造洋風住宅 長崎「グラバー邸」の屋根は瓦屋根


2007724_s

こんにちは!

今回のコラムでは、長崎の「グラバー邸」の屋根についてご紹介します。

長崎観光の魅力と言えば、世界遺産、異国情緒あふれる街並み、海上に208の島々が連なる九十九島の景色などがありますね。

そして、長崎港を見下ろす絶景は「グラバー園」のある丘の上から楽しむことができます。

園内は長崎ならではの坂道が続く地形なので、観光のために、動く歩道やエスカレーターがあるそうです。

2046495_l-columns2
1986964_s-columns2

その「グラバー園」の中に日本最古の木造洋風住宅である「グラバー邸」があります。


ペンキ塗りの木造平屋建て。水色の外壁に、回廊のようなテラスのある洋風住宅は明治に年号が変わる前の幕末に建てられたとあります。


江戸幕府が鎖国政策を終わらせ、長崎、横浜、函館の港を海外に向けて開港。

諸外国の商人たちが来日して貿易ビジネスが始まりました。

スコットランド出身のトーマス・ブレーク・グラバーも、その貿易商のひとりでした。

 

見晴らしのよい丘の上の広大な敷地に建てられた洋風住宅。鎖国の終わったばかりの江戸時代に

施主グラバーが望むマイホームは、誰の手によって建てられたのでしょうか?


3593614_s-columns3
3593618_s-1-columns3
1603300_s-columns3
ベランダから深い軒を支える柱はイギリス風の装飾がされていてますが、建物の窓はフランス風などいろいろな様式が組み合わされています。

屋根の施工の方法は?屋根材は何を使っていたのでしょうか?

「グラバー邸」の屋根は寄棟造り、桟瓦葺き(よせむねづくり、さんがわらぶき)なのです。


江戸時代初期に発明されて、瓦屋根の住宅を普及させた桟瓦を屋根材として造られていました。

写真で見ても、日本の伝統的な瓦屋根がわかりますね。

屋根だけではなく、屋根の骨組み、外壁は編んだ竹を下地に漆喰塗りなど、日本の伝統的な建築手法が使われています。


「グラバー邸」を建てたのは日本人の大工たちと考えられています。

 

和瓦の屋根とヨーロッパ風の建物様式、和洋折衷の美しい「グラバー邸」

開国したばかりで洋風の建物などなかった時代に、絵や写真などを見ながら

施主グラバーの希望を聞きながら未知の建物に挑戦する大工さんたち!!確かな技術の職人たちが目に見えるようですね。


「街の屋根やさん」は、信頼できる確かな技術のプロフェッショナルです。

屋根の事はぜひ当店にご相談ください!

↓ ↓ ↓

【街の屋根やさん】が選ばれる6つの理由

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680