オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨の多い入間市では雨漏りなるかも?帯板の役割と修理方法!


帯板 幕板 メンテナンス 補修の仕方
こんにちは!

本日の屋根工事コラムは雨の多い入間市周辺では気を付けたい部分、
住宅の帯板幕板、胴差【どうざし】などとも呼ばれます)についてです。

屋根や外壁以外の建物部分である付帯部の一つですが、
実は雨の影響を受けやすく劣化、そして雨漏りに繋がる恐れがある箇所です。
そこで、今回はそんな帯板の役割や修理方法なども説明していきます!

帯板の役割や機能とは?

入間市 帯板 雨漏り 原因
帯板は主に建物の1階部分と2階部分の境界部分を
分けるために取り付けられる横長の板材になります。
基本的には美観を良くするために取り付けられますが、
しっかりと雨水が溜まらないようにコーキングされていないと、
上図のように帯板に水分が浸透し腐食、そこからまた外壁に水分が浸透し、
今度は外壁にひび割れや腐食、雨漏りといった事態も起こります。

雨漏りの多い帯板はどう修理やメンテナンスすべきか

雨の多い入間市 雨漏り 帯板について
前項で帯板が雨漏りを引き起こしてしまう原因について述べましたが、
雨の多い入間市でもかなりこの帯板が劣化してしまっているお宅が多いです。

ではどう修理やメンテナンスをすべきなのでしょうか?

帯板の劣化や傷みが軽微であれば上部の水が流れるように「三角コーキング」
をしてもらうのが良いでしょう。その上で帯板自体をしっかりとケレン作業をして、
塗装、修理をすることでメンテナンスはできます。
ただし、帯板の劣化が酷い、取り付けらていた外壁やベランダも傷んでいる場合には
帯板自体を交換、新しいものにした方が良い場合もあります。
その際にはやはり、上部のコーキングも忘れずにしてもらいましょう!

ここ最近では入間市でも大型の台風や大雪の影響でか、
雨漏りをしてしまっているというお問い合わせが非常に多くなっています。

街の屋根やさん所沢店では所沢だけではなく、入間市や狭山市、川越市や飯能市など
幅広くお客様のご対応をしておりますので、ご心配でしたらぜひお気軽にお問い合わせください!

見積もり、現地調査も無料で行っております♫
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680