オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風対策で窓ガラス・雨樋などを点検して突風や大雨に備えよう!


台風対策で窓ガラスや雨樋などの点検をしましょう!
こんにちは!

久しぶりのコラムになります。
梅雨でどんよりした天気が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
早く梅雨明けして欲しいものですが、梅雨が終わってもまた台風の時期で
雨の時期が続いてしまいますね・・・泣

そこで今回は台風の時期に入る前にチェックしておきたい場所を検証しました!

台風に備えてチェックしておきたい場所は?

まずは簡単にチェックしておきたい場所と対策をリストアップして簡単に見ていきましょう。

➀ 屋根
→ ひび割れや破損ずれなどはないでしょうか。
  台風による強風で破片などが飛ばされ、他の住宅に被害がでる恐れもあります。
  できれば事前にチェックしておきたいところです。

② 窓ガラス
→ こちらもひび割れ窓枠のがたつきなどないかチェックしましょう。
  飛来物によるガラスの割れに備え、事前に補強することも重要です。

③ 外壁
→ 壁にひび割れがある場合には水が浸透し雨漏りの原因になることがあります。
  こちらもコーキングなどで補修を考えましょう。

④ ベランダ
→ 物干し竿プランターや鉢植えは飛散する恐れがありますので屋内へ入れましょう。

⑤ 雨樋、雨戸
→ 雨樋に枯れ葉汚れの詰まりはないか、雨戸にゆるみなどはないか確認しましょう。

⑥ その他の箇所
テレビアンテナは配線や支柱の状態を確認、必要であれば補強しましょう。
排水口などは掃除等して水捌けを良くしておくことも重要です。
・その他、庭や外に置いてある鉢植え、物などは屋内へ移動させましょう。
・またお店では看板など外れたり飛ばされそうなものはないか確認しましょう。
プロパンガスもしっかり固定されているか見ておきましょう。
・停電に備え懐中電灯の確認、浸水に備え家財道具の位置等も今一度チェックしておきたいですね。


特に注意しておきたのが・・・窓ガラス!

台風対策で特に注意したい窓ガラス
上記で大体のチェック箇所を記載しましたが、その中でも特に注意したいのが
やはり「窓ガラス」になるでしょう。

そこでどのような対策をすればよいが、もう少し具体的に見ていきましょう。

・写真のように養生テープを使うのも効果的です。カーテンもしっかり閉めましょう。
板や段ボールなどで補強できればなお良いでしょう。
雨戸やシャッターがあればさらに安全です。リフォームの際は取付を考えても良いでしょう。
・マンションやアパートは飛散防止フィルムシートも有効です。

ちなみに窓ガラス用のフィルムやシートには飛散防止だけでなく、
省エネ対策になるもの、紫外線カットできるものなどありますので、
その他の機能も併せてみて購入を検討してみるのも良いですね。

その他、注意点等

台風対策に備えての注意点
いかがでしたでしょうか?

意外にチェックするところが沢山ありましたが、常日頃から定期的に
確認しておくことが大事でしょう。他の住宅への被害を防ぐためにもぜひやっておきたいところです。

あと、知っておきたい事としては地元地域の避難場所避難経路です。
ご自宅の近いところを一度確認しておきましょう。

台風に関しては下記リンクにも記載ありますので、ぜひご覧ください↓↓↓
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680