オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

デメリットだけじゃない!天窓(トップライト)で目指そう明るいマイホーム♫


通気性の向上、省エネに繋がる明るい天窓(トップライト)
こんにちは!

本日は誰もが憧れる(?)天窓(トップライト)について考えていきます。
天窓というと・・・

「雨漏りしやすいのではないか」
「掃除が大変でしょ」
「眩しすぎる、雨音が気になる」 等々

ついついデメリットばかり思い浮かんでしまいますが、
取り入れることによって得られるメリットや魅力も沢山あるんですね。

そこで、天窓のメリット・デメリットとその対策をまとめてみました。


天窓(トップライト)のメリット

天窓で明るい室内、マイホームを目指そう

メリット1 何と言ってもまず明るい!!
→ 一番のメリットはやはり明るさ。壁面の窓に比べ天窓は3倍の採光効果が得られるとも言われます。
  住宅の密集地で壁面の窓からは光が入らないとしても、天窓であれば解決できます。

メリット2 省エネ効果
→ 壁面の窓に比べ1日を通して一定の採光量を得られるため、照明の使用量を削減できます。
  また、通風性も良くなるためエアコンの稼働時間も減らせます。

メリット3 自然光で健康的な生活を送れる
→ 適度な自然光は体内のビタミンD生成を助け、体内時計の調節、睡眠障害やうつ症状の改善、
  さらには子供の学力向上効果もあるという結果も報告されています。

メリット4 セキュリティ面、プライバシー面での効果
→ 壁面の窓に比べて侵入者が入りづらいので安全性は高いです。
  また、窓を開けたくても壁面ではプライバシーが気になりますが、天窓なら問題ありません。

メリット5 デザイン性、開放感が得られる
→ 天窓があることで外観上の美しさも良くなりますが、それ以上に室内からの眺望も良くなります。
  月や星を見上げたり、雲や風、雨をより感じることで豊かな感性を育む効果もあるでしょう。

メリット6 家具などの配置スペースができる
→ 壁面の窓に代わって天窓にすることで、家具を置くスペースがより拡がります。


なるほど、天窓は魅力的な部分が沢山あるんですね!!

続いてデメリットとその対策も見ていきましょう。


天窓(トップライト)のデメリットとその対策

デメリット1 雨漏り
→ 屋根に窓を設ける以上、そこから雨漏りする可能性はもちろんあります。
対策:原因のほとんどが施工不良やパッキンの劣化であるため、信頼できる業者にメンテナンスを依頼しましょう。

デメリット2 掃除
→ 高所であることから自身で掃除するのは大変です。
対策:内側からは柄の長い掃除モップ等で、外側は業者にお任せしましょう。
   また、汚れの付きにくいガラスを施工しておくのもよいでしょう。

デメリット3 冷暖房効果の低下
→ 窓がある分隙間ができるために断熱効果は多少弱くなります。
対策:遮熱性・断熱性の高いガラスを施工するのがよいでしょう。

デメリット4 眩しすぎる、雨音が響く
→ 夏の日差しが強すぎる、雨音が大きく聞こえがちということもあります。
対策:カーテンやブラインドの設置、雨音は音が気になる場所への施工を避けて廊下などにする方法もあります。

デメリット5 ソーラーパネルの設置可能な面積の減少
→ 屋根に設置する分、ソーラーパネルを取り付けられる面積はその分減ります。
対策:基本的に南側にパネルは設置するため、それ以外の方角に天窓を施工するのが良いでしょう。


デメリットも色々ありますが、ちゃんと対策できそうですね!


天窓はデメリットをカバーしつつ施工するのが良いでしょう!

天窓(トップライト)で目指す資産価値向上
いかがでしたでしょうか。

天窓はデメリットもありますが、それを踏まえても余りある魅力的な部分も数多くありましたね!
また、最近では性能の高い天窓のモデルもありますので、施工するのも良いかもしれません。

ちなみに、多くの天窓メーカーは激減してしまいましたが、既に製造中止になっている天窓でも
交換可能なものもあるようですので、天窓を「撤去」する前に「交換」をしてみるのもよいでしょう。
天窓はしっかりメンテナンスすれば資産価値の向上にも繋がりますのでぜひご検討下さい。

天窓に関してはこちらにも掲載しておりますのでご覧ください↓↓↓


天窓で理想とする明るいマイホーム、作っていきたいですね!


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680