オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

塗料の飛散で損害賠償に?屋根塗装・外壁塗装前のトラブル対策


屋根塗装 外壁塗装 塗料飛散 損害賠償 トラブル予防
こんにちは!

本日の屋根工事コラムは屋根塗装、外壁塗装前にぜひとも知っておきたい、
塗装時の塗料飛散トラブルの予防・対策方法についてです。

もし起こってしまうと損害賠償を請求されるケースもあります。
怖いですよね・・・汗

これから暖かくなるにつれて塗装リフォームを検討する方も増えると思いますが、
ぜひ、その前に注意点を知っておきましょう!

予防・対策 その1 挨拶は必ずしておきましょう!

屋根塗装 外壁塗装 塗料飛散トラブル 予防対策
まずは事前の対策として近隣の方には「挨拶」は必ず行いましょう。

これは塗料の飛散トラブルに限った話ではなく、
足場組み立てや工事の騒音、洗浄作業での水の飛散トラブルや
現場での工事業者の車の出入りで道が塞がれたりなどのトラブルもあります。

そういったトラブルを回避するために必ず事前にご近所の方には
お知らせ・挨拶まわりなどを行い、不平や不満を持たれないよう努めておきましょう。

予防・対策 その2 業者の飛散防止の対策、保険加入の有無を確認!

所沢市 東所沢 屋根・外壁塗装 養生作業 (6)
続いては塗装を行っている工事業者に関してです。
こういった屋根塗装や外壁塗装などの塗料飛散トラブルに関して、
きちんとした対策、対応を取ってくれるのか確認することが重要です。

具体的には・・・

〇 足場にメッシュシートを張り、塗料の飛散を防ぐようにしているか
〇 写真の様に塗装時は近隣の車などに飛散防止カバーを掛けるなどしてくれるか
〇 塗料が飛散しやすい風の強い日など悪天候の日は避けるようにしてくれるか
〇 塗料が飛散しやすい吹き付けによる塗装方法ではないか
〇 万が一トラブルが起きた場合に備えて、業者が請負業者賠償責任保険に入っているか
〇 その他全般、しっかりと業者が職人の仕事を管理、予防対策を徹底しているか

などが挙げられます。こうした点も注意しながら屋根塗装や外壁塗装などのリフォームを
行うかどうか、またどの業者に任せるのかを検討することが非常に大事でしょう。

予防・対策 その3 もしトラブルが起きた際の対応を知っておく!

屋根塗装 外壁塗装 塗料飛散トラブル 対応策
できうる対策は全て取って、業者もしっかりとした所を選んだとしても、
やはり予期せぬ天候の悪化やトラブルなどで塗料飛散が起きて揉める場合もあります。

そのため、もし塗料飛散でご近所トラブル損害賠償を求められたりなどありましたら、
そんな時にどう対応したらいいかも、ぜひ知っておきましょう。

具体的には・・・

〇 塗料の飛散が発見されたのはいつ頃なのか?
→ 工事中や工事が終わった直後でしたら可能性はありますが、工事が終わってから
  何か月も経過したあと、もしくは工事前に塗料が付いたという可能性もあります。

〇 塗料の付着場所がホントにそこまで塗料が飛散するのか?また色は同じなのか?
→ 付着した場所が塗装工事の場所と反対側の壁などにあるのであれば、可能性は低くなります。
  また、同じ塗料かどうかも、色などを見て確認できるかもしれません。

〇 もし損害賠償などを求められた場合に、その金額が妥当なのかどうか?
→ 小さな塗料の飛散やほんの一部分だけなのに、百万、2百万などの高額な請求をしてくる、
  やたらと不相応な要求をしてこないか? など

まずは落ち着いて、本当に自分に非があるのかを冷静に確認していくことが大事でしょう。

また、こうしたことに関連して
・付着した塗料をすぐに拭きとってしまう
・損害賠償など金銭の要求に対してすぐに支払ってしまう

ということは避けましょう。

基本的には、先に述べた業者が請負業者賠償責任保険に加入していれば、
あなた自身に過失がない限り損害賠償に応じて、お金を支払う必要はありません。
トラブルが起きましたらまずは業者に確認してもらい、
塗料飛散があった現場を見てもらう、そして相談することが最優先です。


予期せぬトラブルを避けるためにも、これらのことをぜひ知っておいて、
業者選びや塗装リフォームを検討してみてください!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680