オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

所沢市 セネターへの屋根葺き替えのためセメント瓦を撤去します。


DSC_0291-columns1

こちらのお宅は、前回は現地調査をおこない点検・調査の結果、超軽量の屋根材「セネター」で葺き替え工事が決まりました。


前回の投稿はコチラから

↓           ↓
所沢市 築35年のセメント瓦のお家の現地調査

今回はセメント瓦を撤去していきます。


積み上がった瓦をひとつひとつはがしていきます。


長年のほこりや土が出てきます。この土が雨水などを吸収し桟木や防水シートを傷めてしまうことがあります。

防水シートが破れたり穴が空き、雨水が廻ってしまいその下の野地板が腐食してしまうケースもあります。


2021_01_05_20_17_52_163_5-columns1

屋根の葺き替えの際には必ず、野地板の点検もおこなっていただくことをおすすめします。

ほこりや土を清掃しながら防水シートを取り除いていきます。


土が出てくるのは、古い工法で施工された瓦屋根で土葺きになっているためです。

除去の際には土埃が舞いますので、近隣に飛散しないよう足場を高くするなどの

注意が必要です。


8a84ff4b653e611e8713383fc43678aa-columns1

瓦屋根と金属屋根の重さ比較ですが、瓦屋根は一般の住宅で約6tあります。

これは軽自動車だとじつに7〜8台分にも相当する重さです。


一方、ガルバリウム鋼板などの金属屋根の重さは軽自動車1台分しかありません。



ご存知の方もいるかと思いますが、地震で建物が揺れた場合屋根が重いと重心が上がりますから揺れは大きくなります。

屋根は軽ければ軽いほど揺れは小さく済み、建物に加わる力はわずかです。



震度やマグニチュードで揺れは決まりますが、それを受ける建物の構造によっても揺れの大きさが変わるということを覚えておいてください。



屋根の軽さは耐震性が高くなり減震を期待できるのですね。



次回は屋根の一番下にある野地板の増し張りの様子をお伝えします。



軽量屋根へのご検討をされている方は

   ↓      ↓

 屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

変換 ~ 所沢市 屋根葺き替え サイディング工事 施工前 (6)

こんにちは!本日は所沢市で外壁の調査を行いましたのでその様子をご紹介します。

変換 ~ 所沢市 屋根葺き替え サイディング工事 施工前 (6)

こんにちは!本日は所沢市の瓦屋根のお宅の屋根調査をご紹介していきたいと思います。

d45cb3ef23107fccf28450f95fb163c1

こちらのお宅では、前回までに屋根カバー工事前のルーフィング貼りまでが終わりました。今回は、セネターで屋根カバー工事を始めていきます。デグラ社のセネターが人気の理由は、粘土瓦の1/9という超軽量で耐震性に優れ地震に強い家にすることができること...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680