オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根材の種類で見る歴史的建造物 姫路城編


コラム 歴史的建造物 姫路城
観光名所ではどのような屋根材が使われているのかご存知でしょうか?

本日は屋根材別に歴史的建造物の屋根についてご紹介をしていきます。
今回は兵庫県姫路市にある姫路城
白鷺城」の名で知られる日本で初めての世界遺産です。

そんな姫路城に使われている屋根材はです。
日本のお城というとやっぱり屋根材は瓦のイメージが強いですよね。

今回はこの姫路城に使われている瓦についてお話をしていきます。

姫路城に使われている瓦って?

コラム 歴史的建造物 姫路城
姫路城といえば、2015年に平成の大改修を終えたばかりの美しいお城ですね。
実はこの改修の際、姫路城の瓦は全て葺き替えを行っているのです

銀色の瓦はとても印象的で、真っ白な姫路城を際立ててくれています。
この姫路城に使われている銀の瓦は「神崎瓦(こうざきかわら)」という瓦です。


神崎瓦

コラム 歴史的建造物 姫路城 瓦
神崎瓦は兵庫県姫路市船津町(旧神崎郡船津村)で作られた瓦です。

この神崎瓦が広く知られるようになったのは享和二年(1802年)の事だといわれています。
当時姫路藩の御用瓦氏だった小林又右衛門が、良質の瓦を作る為の原料を求めて船津に移住し、窯を開きました。
ここから昭和の初期のころまで船津町には多くの瓦屋が立ち並び、全国的にも神崎瓦の名が広く知られるようになったのです。

そんな神崎瓦、姫路城では光を受けて銀色に輝いて見え、より姫路城を美しく見せてくれますね。
ではなぜ姫路城の瓦は輝いて見えるのでしょうか。
それは神崎瓦が「いぶし瓦」と呼ばれる種類の瓦だからです。
コラム 歴史的建造物 姫路城 瓦
神崎瓦は「いぶし瓦」と呼ばれる種類の日本瓦です。
いぶし瓦とは瓦を作る工程の最後に「いぶす」瓦の事です。
釉薬をかけずに焼成したあと、空気を遮断して蒸し焼きにする「燻化工程」を経て仕上げられます
いぶすことで表面に炭素の膜ができていぶし銀のような光沢と色合いを出すのが特徴です。
この炭素、なんと中まで浸透しているんです
ハンマーでいぶし瓦を割ってみると中まで銀色になっています。

この渋く美しい輝きは神社仏閣や名城など日本中の様々な日本建築で使われています。
コラム 歴史的建造物 織田信長
ではそもそもいぶし瓦とはいつ頃生まれたものなのでしょうか。

いぶし瓦の製法は安土桃山時代に日本に伝わったとされています。
安土桃山時代、織田信長が中国(当時の明)の一(いっかん)という人物に命じて生成した粘土瓦が始まりです。
この際粘土瓦を燻す製造法が伝わりました。
ですが当時は現在のような綺麗な銀色の瓦にはならず、黒い瓦に何色もの焼きムラがある瓦でした。

ちなみにこの織田信長が作らせた瓦は安土城に使用するために生成したもの
いぶし瓦はあの織田信長のお城にも使われていたんですね。

いぶし瓦によってより美しく輝く姫路城

コラム 歴史的建造物 姫路城
いかがでしたか?

いぶし瓦の持つ美しい光沢は日本中様々な場所で見られます。
姫路城のいぶし瓦は白い壁と合わさることでより美しく輝いているように見えるのかもしれません。
この美しい白い壁は白漆喰という素材で出来ています。
漆喰については以下の記事で詳しくご紹介しているので是非ご覧ください。

またこのいぶし瓦を使った日本家屋に憧れる!という方はいぶし瓦にそっくりのROOGA(ルーガ)という屋根材もございます。
姫路城のような美しい屋根を目指す方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680