オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

入間市 苔やカビが目立つスレート屋根リフォーム 屋根カバー トータルメンテナンス


工事のきっかけ

経年劣化が気になってきたので見積もりして欲しいとのご相談をいただきました。

入間市 屋根カバー工事,雨樋交換,防水工事,外壁塗装,その他塗装

ビフォーアフター

before
c745c5a722584e400012b5880ecce447-12-e1616596626228-before
horizontal
after
f78c1b82d0e3dcd480e5ed0c4c4fafbb-7-e1617172544578-after

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,雨樋交換,防水工事,外壁塗装,その他塗装
施工期間
約3週間
使用材料
・屋根カバー シルキーG2 ・外壁 フッ素系樹脂 ・ベランダ オートンウレアックスHG
施工内容その他
築年数
築25年
保証年数
屋根 シルキーG2 塗膜15年 穴あき25年
工事費用
約180万円
建坪
ハウスメーカー
c745c5a722584e400012b5880ecce447-12-e1616596626228-columns2

築25年のお宅です。




建物全体の経年劣化が気になるとお見積もりのご相談をいただきました。


さっそく、現地調査にうかがいました。


ffc0d69cc497336a30b6d681411b8516-6-e1616597063436-columns2

高所カメラで屋根の状態から見ていきます。


スレートの屋根です。

茶色の苔が広域に繁殖しているのがわかります。


スレート材の主成分はセメントです。


その表面に塗装が施されていますが、紫外線を浴び続けていく間に塗装が劣化し表面の防水性が失われていきます。


水はけが悪くなるので、空気中に漂う苔の胞子がその環境を好み、根付いて繁殖していきます。


スレートの色あせが目立ってきたら、劣化が進んでいるサインです。


53b4394024e30b294c93d708f0edfd8a-3-e1616597220187-columns2

外壁を点検していきます。


モルタルを手で触ると白い粉がつきます。

チョーキング現象(白亜化)です。メンテナンスの時期を教えてくれています。


塗料の中の色つけをしている素材である顔料が、紫外線や雨を浴びて劣化によって分解し粉状になった状態です。


防水機能が低下しているので、放置したままだと雨を吸収し外壁はどんどん傷んでいきます。


チョーキングの症状が出ていたら、少しでも早く塗装を施すことが必要です。


fe4eca8fb688e13b114e2626e293c87f-4-e1616597288668-columns2

ベランダの床部分です。


床の塗膜は剥がれてしまっているので、汚れが全体的に広がっています。


水はけも悪くなっていますのでわずかなヒビなどから、室内への雨の侵入があれば、雨漏りの原因につながります。


防水工事をおこなうタイミングにきています。


line_359077924407812-e1616677375834-columns2

工事・塗装前の準備として、高圧洗浄をおこなっていきます。


まずは、屋根から洗浄を始めていきます。


高圧洗浄は強い水圧で洗い流すというより、汚れやカビ、苔、藻、剥がれかかっている古い塗膜すべてを剥がしていくという作業になります。


line_359074761303438-e1616677448562-columns2

建物は長い年月の中で知らず知らずのうちに汚れは蓄積されているものです。


その汚れの原因は、空気中のチリやホコリによるものです。


土や砂、排気ガスなども含まれているので、交通量の多い道路に面していたり、畑の隣などの環境では壁に付着するとそれが黒ずむ汚れの原因となります。



高圧洗浄を終えると、本来の外壁の色が出現してビックリされることがあります。


line_359075301996042-e1616677514862-columns2

雨戸も閉まった状態を外から見る機会が少ないですが、意外に汚れていて傷みやすい場所のひとつです。


汚れをそのままにしておくと、外観が損なわれてしまいます。


また、建物全体のイメージが悪くなるだけでなく施されている塗料にも影響がでてきます。

塗料の防水機能が低下するので、傷みや腐食につながります。


屋根はなかなか確認することが難しいですが、外壁やベランダなどの汚れが目立ってきたら塗装の時期を知らせるサインでもあります。


line_359076535724167-e1616677562353-columns2

ベランダの傷みも放置は禁物です。


防水の塗膜が剥がれ、ひび割れが起きるとそこから内部へと雨水が侵入し、雨漏りへとつながる可能性がでてきます。


雨漏りは屋根からと考えがちですが、意外にベランダからの雨漏りも多く補修も大掛かりのものになってしまいます。


一般的な塗装の場合は10年程度が塗り替えの目安ですが、汚れが目立ってきたり、ひび割れが確認できた場合は早急に、防水工事をおこなうことをおすすめします。


DSC_0719-e1616986814874-columns2

スレート屋根の屋根カバー工事をおこなっていきます。

まずは、ルーフィングと呼ばれる防水シートを屋根全体に貼っていきます。


屋根カバー工事とは?


雨漏りの心配のあった古い屋根を撤去せずほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて覆う重ね葺きのことです。

屋根が二重構造になるので、防音性や防水性が高まるという効果があります。

解体工事がほぼ不要で廃材がほとんど出ないため、解体工事費と廃材処理費の両方を節約することができます。

解体工事がないので、塗装や葺き替えより工事期間が短く済むため人件費が削減でき、その分の工事費が安くなるというメリットも。

また工事期間も普段と変わらぬ生活で過ごせるので、工事中のストレスが軽減できます。


DSC_0724-e1616986906156-columns2

雨水が侵入しないよう、軒先から棟に向かって敷いていきます。


続いて新しい屋根材を設置していきます。


屋根カバー工法は今回のようなスレートの屋根や金属屋根が向いています。

反対に向いていないのは瓦屋根です。

太陽光の設置も難しく、他の工事での対応の方が費用がかかりません。


また、屋根の下地となっている野地板の腐食が進んでいたり、既存の屋根材の傷み具合が激しく劣化している状態では、屋根カバー工法が施工できない場合もあります。


DSC_0837-e1616987442521-columns2

貫板の設置をおこない、棟の形状に合わせ棟板金を加工します。


貫板に棟板金を被せ、釘よりも固定力の強いSUSビスをねじ込みながら留めていきます。


DSC_0840-e1616987511183-columns2

屋根カバー工法の施工が完成しました。



屋根カバー工法の施工費用は、屋根の形状や面積、勾配によって変わります。



また、台風や強風などの自然災害で被害をうけたときは、火災保険で修理ができることがあります。


59f4cc3ea0b7a29c4b50eea34cdb9d71-1-e1617120301312-columns2

今回は耐候性に優れたフッ素塗料での外壁塗装をおこないます。


フッ素塗料は耐候性が高いのはなぜ?


フッ素樹脂は、樹脂の結合の強さに理由があります。


炭素とフッ素の結合が非常に強いため、この結合が紫外線への耐候性を高くして、劣化しにくい高耐候な塗料となっているのです。


その機能を最大限に生かせるために最適な下塗り剤を塗布していきます。


上塗りの吸い込みを抑え、色を変更する際に向いています。

38503a4fcfae8d346dee4cc9d085a0b8-3-e1617120362300-columns2

中塗りです。


フッ素塗料は塗膜を劣化させにくいので、汚れもつきにくく塗装直後の光沢の美しさが長持ちします。


これは、汚れが滑り落ちやすい低摩擦性、酸性雨にも強い耐薬品性、汚れを弾く非粘着性などの特徴を持っているためです。


その特徴から耐久性年数はシリコン塗料の10年程度に対し、フッ素塗料は15〜20年と長くメンテナンスの回数を減らせるので、高価ですが費用対効果は高いといえます。


8fce2084c6e16e60fabbb6c0c4bd4db8-3-e1617120408946-columns2

上塗りです。


フッ素塗料は紫外線に強いので、退色やチョーキングといった劣化も起きにくいこともあり

長期的にコストを抑えながら長く持たせたい!という人に向いています。


c12aee58a4f5397bedb2784acc000504-2-e1617120453253-columns2

完成です。


今回のようにリフォームの機会に外壁の色を変えることもおすすめです。


一部だけの色を変えたり、ツートンカラーにしたりとイメージチェンジを楽しむことができます。



リフォームのご依頼の際に、お気軽にご相談ください。


fe4eca8fb688e13b114e2626e293c87f-4-e1616597288668-columns2

ベランダの防水工事をおこなっていきます。


塗膜が剥がれ、長年の汚れが蓄積していました。


このままの状態が続けば、下地にヒビが入れば雨水が内部へと侵入し雨漏りの原因となることがあります。


一般的に雨漏りは屋根から、というイメージが強いですが実際にはベランダからの侵入が原因ということもあるので注意が必要です。


line_359065565973181-e1617120906617-columns2

高圧洗浄で汚れや古い塗膜を剥がしとり、完全に乾燥するのを待って下塗りから始めていきます。


ベランダ防水専用の下塗り剤であるプライマーを塗布します。


プライマーは下地と上塗り剤をしっかり密着させるための重要な工程です。


line_359069824933180-e1617120952449-columns2

今回使用するのは、オートンウレアックスです。


短時間で硬化し強靭な塗膜を作り、その耐久性はウレタン防水の10年程度に対し2倍の20年以上の耐久性があります。


紫外線や太陽光、雨風などからの劣化を防ぎます。


また撥水性が向上するので、藻や苔なども寄せ付けません。


48d1ed933b4dcb794ca281ae2dd26533-7-e1617121043768-columns2

完成です。


見事に撥水性、防水性が回復しました。

光沢が出て歩き回る場所でも、その機能を失わず美観を長く保ちます。



ベランダの傷みは放置したままだと下地も傷んでいきます。


早い段階ならば小規模な工事で回復できますが、傷みが大きくなるほど大掛かりの修復が必要となります。


汚れが目立ってきたり、色あせ、水はけが悪口なってきたらメンテナンスのサインです。



屋根や外壁のメンテナンスの際には、ベランダも点検、調査することをおすすめします。


line_359075301996042-1-e1617169206507-columns2

付帯部塗装をおこなっていきます。


付帯部とは?

軒天、破風板、鼻隠し、雨樋、雨戸、戸袋、笠木、庇、換気フードなど壁や屋根以外の建物に付随している部分のことをいいます。


これらの付帯部は外壁塗装と一緒におこなうのが一般的です。


どの付帯部をどのように塗装するかは、場所と損傷などの劣化具合によって異なります。


line_359068334272451-e1617169259414-columns2

お住まいの雨戸はしまっている状態を外から確認することはなかなかありませんが

意外に汚れていて、サビが発生している場合もあります。


高圧洗浄で取り除くことができなかった古い塗膜やサビなどを落とすケレン作業の様子です。

塗料が下地にしっかり密着させるための役割もあります。


line_359068736942868-e1617169311952-columns2

塗装していきます。



塗膜の層を作ることで、紫外線からの劣化をを防ぎ、防水、サビ防止の効果が得られます。


line_359067194910733-e1617169366706-columns2

ベランダの手すり部分です。


ねじ穴とその周り周辺から、雨水が侵入してしまうとのご依頼がありコーキングで隙間の

ないようにねじ穴と周辺を埋めた状態です。


他、写真はありませんが雨樋の交換もおこないました。


雨樋の寿命は一般的に20〜25年と言われています。


最近、雨音がうるさく感じる。

雨樋から雨水が溢れ出ている。


などの不具合を見つけたら補修や交換のサインです。


f78c1b82d0e3dcd480e5ed0c4c4fafbb-7-e1617172544578
施工が完成しました。

金属っ屋根にて屋根カバー工事、フッ素系樹脂による外壁塗装、ベランダは防水効果が高く耐久性に優れた塗料で施工しました。

他、付帯部として雨戸塗装、雨樋交換をおこないました。

今回の総工費はおよそ180万円、施工期間は約3週間でした。


街の屋根やさん所沢店では、さまざまなご要望にお応えしてリフォームを承っております。
リフォームをご検討の方はお気軽に無料点検をご利用ください。
  ↓     ↓







【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

狭山市 セネターでの屋根カバー工事、フッ素系塗料の外壁塗装、ベランダ防水塗装

24255acb0cb9d8a7e44283eb9b88c37c-9
a1f625f252f2f380226dc26115a3d36a-1
工事内容
屋根カバー工事
防水工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
・屋根 セネター・外壁塗装 ガイソーウォールフッ素・ベランダ防水塗装 オートンウレアックス・コーキング サンライズMSI NB50 /
築年数
15年
建坪
保証
ガイソーウォールフッ素施工保証10年
工事費用
約215万円
施工事例

入間市でセネターの屋根カバー、外壁塗装、ベランダ防水工事

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (2)
変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 屋根カバー工事 (7)
工事内容
屋根カバー工事
防水工事
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:セネター 外壁:無機成分配合フッ素樹脂塗料、SRシールNB50 ベランダ:オートンウレアックスHG
築年数
約20年
建坪
保証
品質保証10年 美観保証30年
工事費用
約180万円
施工事例

軽量で高耐久のアスファルトシングル屋根材でカバー工事 飯能市

変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (2)
変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 オークリッジ施工 (12)
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:オークリッジスーパー 外壁:セラミック配合シリコン樹脂塗料 雨樋:パナソニックPC50
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用
約140万円

同じ地域の施工事例

施工事例

入間市 リフォーム 高耐久のフッ素塗料でスレート屋根塗装と高耐候シリコン塗料での外壁塗装

3515dbd5916bfc19772be2645a35bf74-1
IMG_7698
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
・屋根 フッ素塗料 ・外壁 シリコン塗料
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
約135万円
施工事例

入間市でセネターの屋根カバー、外壁塗装、ベランダ防水工事

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (2)
変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 屋根カバー工事 (7)
工事内容
屋根カバー工事
防水工事
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:セネター 外壁:無機成分配合フッ素樹脂塗料、SRシールNB50 ベランダ:オートンウレアックスHG
築年数
約20年
建坪
保証
品質保証10年 美観保証30年
工事費用
約180万円
施工事例

オークリッジスーパーの屋根カバー工事と外壁塗装工事 入間市

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装工事 施工前
変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装工事 屋根カバー防水紙、オークリッジ施工 (9)
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:オークリッジスーパー 外壁:高耐候性シリコン樹脂塗料 コーキング:サンライズNB50
築年数
約12年
建坪
保証
工事費用
約175万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (9)

こんにちは!本日は入間市でのコーキング打ち替え工事をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 防水紙

こんにちは!本日は入間市での軽量屋根のカバー工事の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (2)

こんにちは!本日は入間市でスレート屋根に下葺きを行いましたのでご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680