オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

所沢市で超軽量屋根材デクラ社セネターでカバー工法を行ったY様邸


工事のきっかけ

所沢市上新井にお住まいのY様より、屋根と外壁の劣化が気になるから見てもらいたいとのご依頼を頂き、屋根・外壁の調査をさせて頂きました。

工事内容は
屋根カバー工法 デクラ社 セネター 色サーブル(ブラック)
雨樋交換 パナソニックPC50
外壁塗装 GW無機F
コーキング打替え サンライズNB50


屋根は、大屋根、下屋根ともに前回の塗装が劣化し一部ひび割れが見られました。
再塗装と屋根カバー工法、二つのご提案をさせて頂きましたが、長期的なコストや再塗装での雨漏れなどのリスクをお伝えしたところ、弊社一押しのデクラ社、超軽量金属屋根材セネターのカバー工法をお任せ頂きました!

セネターという屋根材は、世界120ヵ国以上で60年以上の実績があり、国内実績20年以上、約30万棟に採用させている非常に優れた屋根材です。
ガルバリウム鋼板の上に天然のストーンチップを焼き付け加工してあり、色褪せもほとんどなく、天然のストーンチップにより雪止めも不要です。
軽量なので、お家への負担も少なく耐震性にも優れています。
メーカーからの基材保証30年、色褪せ保証10年が付いており、弊社からの施工保証も10年付けさせて頂いております。

外壁は、塗膜や目地のコーキングの劣化がみられました。
屋根カバー工法に合わせて、外壁も期待耐候年数20年の無機塗料をご提案させて頂いきました。

屋根カバー工事

ビフォーアフター

before
屋根カバー工法 施工前
horizontal
after
屋根カバーセネター施工後

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事
施工期間
30日
使用材料
超軽量金属屋根材 デクラ社 セネター 
施工内容その他
築年数
20年
保証年数
10年
工事費用
210万
建坪
30坪
ハウスメーカー
屋根カバー 施工前
大屋根下屋根ともに紫外線の劣化により、塗膜が傷み、割れなどがみられます。
このまま放置しておくと、スレートの割れや反りが進行し、雨漏れなどにつながります。

スレートヒビ
塗膜が劣化し、ひび割れが起きています。
外壁チョーキング
外壁はチョーキング(白亜化)現象が起きています。 チョーキングがではじめると塗膜の防水性がなくなり、雨水などが外壁材に染み込んでいってしまいます。 サイディング材はコンクリートやチップを圧縮したものなので、水分を含むと反ったり割れたりしてしまいます。 そうなってしまったサイディング材は元には戻りません。
コーキングの割れ
外壁サイディングの目地コーキングです。
経年と紫外線により、割れています。
サイディング材のお家は、コーキングの打ち替えが必須となっています。
目地のコーキングが切れてしまうと、雨水などが基材に染み込んでいってしまい、反りや割れの原因となります。
足場
まずは、足場の施工です。
弊社では、ビケ足場を採用しております。
昔ながらのパイプを使った単管足場ですと、足場も悪く職人の動きも悪くなり、品質も低下してしまいます。
養生シートをしっかりと張れないので隙間ができ、施工中の埃や塗料の飛散や、落下物の危険もあります。
しっかりとした足場を組むことで、より良い施工に繋がります。
所沢市 高圧洗浄
お家全体を高圧洗浄で綺麗にしていきます。
本来、屋根カバー工法ですと屋根は高圧洗浄しないケースが多いのですが、弊社ではカバー工事を行う前に屋根の汚れも綺麗に落としてから施工させて頂いております。
所沢市 雪止め撤去
屋根カバー工法の第一段階です。
まずは、既存屋根に取り付けてある部材を撤去し屋根を基材(スレート)だけの平な状態にします。
上の写真は雪止めを電動工具のサンダーで切り落としているところです。
今回この後に新しく使用する屋根材セネターは雪止め不要となっております。
所沢市 屋根カバー棟板金撤去
次は、屋根の一番頂点のところ、棟板金の撤去です。
既存スレートの棟板金は、ヌキという厚み15㎜ほどの木材が下地になっており、その木材を覆うように棟板金が釘で打ち付けております。木材が経年劣化すると釘が抜けてきて、板金が浮いてきたり、強風で飛ばされてしまったりしてしまいます。


所沢市 屋根カバー 棟撤去
すべての雪止め、棟板金、下地木材の撤去がおわりました。

所沢市 屋根カバー カッパ23
下葺きに使用する防水シート(ゴムアスファルトルーフィング)です。
弊社では、日新工業さんの高耐候ゴムアスファルトルーフィング・カッパ23を使用しております。
所沢市 屋根カバー 下葺き
下葺き作業です。
屋根工事の最重要工程です!
どんなに屋根材を綺麗に仕上げたとしても、下葺き作業をおろそかにしてしまうと、屋根防水は完全ではありません。
下葺きで使用するゴムアスファルトルーフィングを敷いていきます。
屋根の材料は全て下から上へと施工していきます。
下から上へ重ねていくことで、水の侵入を防ぐ為です。
所沢市 屋根カバー 下葺き2
棟、谷の箇所は、構造上、雨水などが侵入しやすい箇所です。
隅棟は棟を越して反対側へ250mm以上折り返します。
谷は屋根でもっとも水が集まりやすい箇所なので、二重になるようにします。
初めに谷だけまっすぐに先張りし、その後、隅棟と同じように谷を越して反対側へ250mm以上折り返します。
所沢市 屋根カバー 役物
下葺きは、釘だけでは、しっかりと取付られないので、5㎝角の板金と釘で取付ます。
下葺きが綺麗に敷き終わったら、役物板金と呼ばれる部材を取付ていきます。
棟、隅棟にはセネター専用の部材。
谷は谷板金を取付けます。

所沢市 屋根カバー 本体葺き
役物関係を全て取り付け終われば、いよいよセネター本体を葺いていきます。
下葺き同様、下から上へと葺いていきます。

屋根カバーセネター 葺き
基材を一枚一枚ビスで取付けていきます。
屋根にビス止めし、基材と基材の重なり部分もビス止めします。
所沢市 屋根カバー 棟
隅棟の仕上げです。
同質棟と呼ばれる役物を上から被せるように取付けます。
屋根カバーセネター棟換気
棟の真ん中に重ねてあるように見えるのが、棟換気です。
現在の新築のお家では、棟換気を設けるのが当然となっていますが、十数年以上、前に建てられたお家の屋根には、換気棟が設けられていないケースがほとんどです。
棟換気には、屋根裏の通気をとり、熱や湿気を逃がすという重要な役割があります。
お家の骨組みである木材を守る為にも弊社では棟換気がないお家にも換気棟を新たに設けさせて頂いております。
屋根カバーセネター 施工後
綺麗に本体が葺きあがりました!!
弊社は屋根・塗装と全てが自社職人で施工出来ますので、施工品質に最も自信をもっております!
今回のお家もとても綺麗な仕上がりです。
外壁塗装 下塗り
屋根カバー工事後に外壁塗装に入ります。
高圧洗浄で外壁の汚れやコケを綺麗にした後、下塗り剤を手塗りローラー子法で丁寧に塗ります。
下塗り剤は外壁の素材や状態に合わせて選びます。
今回は、サイディングのお家でしたので、カチオンシーラーを使わせて頂きました。
カチオンシーラーは、次の工程である中塗り・上塗りの密着性を高める効果や、目固めをする塗料です。


外壁塗装 下塗り
付帯部などもしっかりと下塗りを塗っていきます。

どんなに高耐候な塗料を選んでも、下塗りを丁寧に行っておかないと、中塗り上塗り塗料も数年で剥がれてきてしまいます。
とても重要な工程です!
外壁塗装 中塗り
中塗り剤を塗っていきます。
今回、外壁には期待耐候年数20年のGW無機F塗料をご提案させて頂きました。
屋根は超軽量金属屋根のセネターでカバー工法し、30年以上の耐久性があるものなので、外壁も同じように長期間お客様に安心して頂かなくてはならないからです。
外壁塗装 中塗り
軒天の中塗りです。
付帯部と呼ばれる外壁以外の箇所もしっかりと塗っていきます。
外壁 クラック補修
サイディング材の切れ目をコーク材で埋めます。
外壁塗装 上塗り
外壁の最終工程の上塗りです!
下塗り・中塗り同様、塗りムラがないよう丁寧にローラーで塗ります。
波板 ケレン
雨戸・戸袋の塗装に入ります。
フレーム部は、アルミフレームなので塗装出来ません。
フレーム内の波板箇所は鉄部なので塗っていきます。
鉄部塗装は、ケレンという作業を行います。
ケレンすることで、目荒らしをし塗料の食いつきを良くします。
波板 塗装
雨戸の塗装は吹き付け工法で行いました。
外壁などの細かい隙間や穴があるものには、刷毛やローラー工法が的していますが、雨戸のような箇所では吹き付けで塗装した方が仕上がりが綺麗になるケースもあります。

水切り ケレン
サイディング材の役物、水切り部の塗装です。
こちらもケレン作業をし塗料の付きを良くします。
水きり 塗装
このように細かい箇所は刷毛で塗っていきます。
軒樋 撤去
軒樋を撤去します。
弊社では、屋根カバー工法を行う場合は軒樋の交換を推奨しています。
既存軒樋は、既存の屋根の勾配、高さに合わせて付けられているので、カバー工法を行うと屋根の高さが変わってしまい、雨水を受けなくなる可能性があるからです。
既存のモノを使うことも可能ですが、屋根同様、樋も経年劣化していますので屋根工事と同時に雨樋交換してしまうのをおすすめします。
軒樋 金具
撤去し終わった後は、ビス穴をコーク剤で埋め、破風塗装完了後に軒金具を取付ます。

【工事完了後】

屋根カバー工法 セネター 施工後
屋根カバーセネター施工後

同じ工事を行った施工事例

施工事例

軽量で高耐久のアスファルトシングル屋根材でカバー工事 飯能市

変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (2)
変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 オークリッジ施工 (12)
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:オークリッジスーパー 外壁:セラミック配合シリコン樹脂塗料 雨樋:パナソニックPC50
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用
約140万円
施工事例

オークリッジスーパーの屋根カバー工事と外壁塗装工事 入間市

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装工事 施工前
変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装工事 屋根カバー防水紙、オークリッジ施工 (9)
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:オークリッジスーパー 外壁:高耐候性シリコン樹脂塗料 コーキング:サンライズNB50
築年数
約12年
建坪
保証
工事費用
約175万円
施工事例

飯能市でセネターによる屋根カバー、フッ素樹脂塗料による外壁塗装

変換 ~ 飯能市 屋根カバー工事 外壁塗装工事 施工前 (1)
変換 ~ 飯能市 屋根カバー工事 外壁塗装工事 施工後 (20)
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:デグラ社 セネター 外壁:フッ素樹脂塗料 雨樋:パナソニックPC50
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
約170万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (9)

こんにちは!本日は入間市でのコーキング打ち替え工事をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 防水紙

こんにちは!本日は入間市での軽量屋根のカバー工事の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (2)

こんにちは!本日は入間市でスレート屋根に下葺きを行いましたのでご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680