オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

狭山市で築35年のお家の屋根をセメント瓦からセネターに葺き替えました


工事のきっかけ

屋根を35年間一回もメンテナンスをしてなくて、もし地震が来たら心配なので軽量なものに屋根を載せ替えたいので一度屋根の調査をお願いしたいとご要望をいただきました。

狭山市 屋根葺き替え セメント瓦から高耐久屋根材セネターに葺き替えました

ビフォーアフター

before
IMG_1240-before
horizontal
after
IMG_0395-after

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
1週間
使用材料
セネター
施工内容その他
セメント瓦から高耐久屋根材セネターに葺き替えました
築年数
築35年
保証年数
基材保証30年美観保証10年
工事費用
60万円
建坪
22坪
ハウスメーカー
IMG_0289-columns2
35年前は日本も高度成長期で建築ラッシュでしたがその当時に活躍した代表的な屋根材が陶器瓦・セメント瓦でした。今では瓦職人が減ってしまいましたが一昔前は個人商店の瓦屋さんがあちこちに存在しました。俺はこう収めたぞ!違う違うそれじゃ下から見たらみっともないだろ!などと瓦屋根の仕上げなどを競うくらい職人肌の方が多くいました。。
IMG_0292-columns2
アナログな時代ですが職人の腕に関する気持ちは天下一品でした。そんな先人の残した仕事を我々の時代でまた、新しい商品で生まれ変わらせるなんてとってもロマンがある仕事だと思います。先人が葺いた瓦を一枚一枚丁寧に剥がしていきます。
IMG_0298-columns2
屋根の下の土や埃を掃除していきます。35年分の土埃がたまっているので土嚢袋20袋くらいの量がでます。掃除もまた、慣れていなければできません。ただ放棄で掃くのでは埃が舞ってしまい近隣にご迷惑をおかけしてしまいます。
IMG_0299-columns2
コツは放棄を抑え込みながら適度な量の埃を寄せていくことです。作業を早く終わらせたいために急いで掃き掃除をしてしまうとこれまた埃が宙を舞ってしまい近隣にご迷惑をかけてしまいます。弊社では掃除一つにもこだわりを持ち丁寧な作業を心掛けています。急がば回れですね。
IMG_0303-columns2
野地合板を貼り下地を強化していきます。また、この野地合板にセネターを止付けていくためしっかり固定しなければなりません。屋根の骨組み(垂木)にロールネイルでしっかりと留め付けます。
IMG_0310-columns2
真っすぐに野地板が貼れているか確認します。築35年も経つと木が乾燥したりしてよじれている場合がありますのでしっかりと確認しながら野地合板を貼っていきます。
IMG_0312-columns2
使用しているルーフィングはゴムアスファルトルーフィングです。屋根材と野地合板の間に敷く防水シートです。屋根材が覆ってしまうので施主様はなかなかお目にかかれませんが防水紙の選択はとても重要になってきます。お見積もりにルーフィング又は下葺きという項目があると思うのですが改質ゴムアスファルトルーフィング以上のルーフィングをお勧めいたします。
IMG_0324-columns2
セネターの軒先部材を取り付けていきます。ここでワンポイント。屋根の葺き替え、カバーを施工された方々からのご相談をいただく時があるのですが、その内容が雨の日に雨樋から水が落ちてくるようになってしまったのですがどうしてですか?というようなご質問です。答えは簡単。屋根材が変われば水の流れも変わってしまうということです。もちろんすべて雨樋を交換しなくてはならないわけではないのですが、現場調査時にしっかりと屋根材と雨樋の関係を調査できるかがカギになってきます。
IMG_0344-columns2
軒先の本体工事を施工していきますが地上から本体(セネター)を屋根に上げなくてはなりません。瓦屋専用の荷揚げ機で本体を上げ施工しやすい位置に配置していきます。この仕事を通常、瓦上げと呼ぶのですが陶器瓦の瓦上げは非常に力と体力が必要です。職人さんもよく腰を痛めたりしていましたがガルバ材のセネターは軽量なので職人さんへの身体の負担も減ります。
IMG_0352-columns2
セネター本体の止付けはインパクトと専用ビスで止付けていきます。独自のインターロック工法でしっかり固定されるので風速約70m/s時の風圧にも耐えます。今年は日本列島に大型台風がいくつか上陸し甚大な被害を与えていきましたがインターロック工法のセネターの被害は日本国内で一軒も確認されなかったそうです。とても台風に強く安心できる屋根材と言えるでしょう。
IMG_0369-columns2
大雪などの時にも安全性を発揮します。天然チックの凹凸が雪を止め、落雪しにくくします。雪止金具をつける必要がありません。北海道札幌の札幌市建築課でも雪止め金具と同等の効果がある屋根材として認めていただいている屋根材です。
IMG_0377-columns2
セネターの魅力を簡単に伝えると、軽い・安い・安心・安全・美しく・超高耐久といったところでしょうか。現在の日本の気候を考えるとこれからの日本の屋根にマッチした屋根材だといえるでしょう。
before1
IMG_1240-before
狭山市で築35年のセメント瓦を葺き替えました。施主様から屋根を35年間一回もメンテナンスをしてなくて、もし地震が来たら心配なので軽量なものに屋根を載せ替えたいとご要望をいただきました。
horizontal
after1
IMG_0395-after
1㎡約45kg-1㎡約7kg=約-38kg総重量-2トンという軽量化を実現しました。意匠性もよく長期保証もあり施主さまは大変喜ばれておりました。屋根の葺き替え費用は約60万円とコストパフォーマンスもとても良いですね。施工期間も約1週間とスピーディーに施主様にストレスなく施工できます。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

軽量で地震対策にもなるハイブリッド屋根瓦への葺き替え 所沢市

所沢市 西狭山ケ丘 屋根葺き替え工事 施工前
所沢市 西狭山ケ丘 屋根葺き替え ルーガ
工事内容
屋根葺き替え
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:ケイミュー社 ルーガ 外壁:シリコン塗料
築年数
約30年ほど
建坪
保証
屋根:製品本体保証10年、色保証10年
工事費用
約110万円
施工事例

自然石の風合いが美しく災害にも強い軽量瓦「ルーガ雅」の施工

東京都東大和市 屋根葺き替え、外壁塗装工事 現地調査 (20)
東京都東大和市 屋根葺き替え、外壁塗装工事 施工事例 ルーガ (7)
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:ケイミュー社 ルーガ雅 外壁:ガイソーウォール無機F 雨樋:パナソニック PC50
築年数
建坪
保証
屋根:色保証10年、製品本体保証10年 外壁:塗膜保証10年
工事費用
204万円
施工事例

所沢市で劣化したパミールの屋根材をスーパーガルベストに葺替え

所沢市若狭 屋根カバー・葺き替え工事 施工前
所沢市若狭 屋根カバー・葺き替え工事 施工後
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
屋根:株式会社オリバー「スーパーガルベスト」
築年数
建坪
保証
屋根材「スーパーガルベスト」 塗膜:15年 赤錆:20年 穴あき:25年
工事費用
約200万円

同じ地域の施工事例

施工事例

火災保険を利用し瓦屋根と外壁の塗装リフォーム 狭山市水野

狭山市広瀬台 屋根・外壁塗装 現地調査 (23)
狭山市水野 屋根塗装 外壁塗装 ベランダ防水工事 施工後
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
火災保険
使用素材
屋根材:フッ素塗料 外壁:シリコン塗料 ベランダ:オートンウレアックスHG
築年数
30年ほど
建坪
保証
工事費用
約90万円
施工事例

狭山市広瀬でフッ素樹脂塗料での屋根塗装と外壁の多彩模様塗装

狭山市広瀬 屋根・外壁塗装 ベランダ防水 施工前
狭山市広瀬 屋根・外壁塗装 ベランダ防水 施工後
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根:ガイソールーフガードフッ素 外壁:WBアートSIクリアー×ガイソウォールタフネスシリコンⅡ  ベランダ:オートンウレアックス
築年数
約15年
建坪
保証
外壁:アクリルシリコン樹脂塗料 期待耐候年数10年
工事費用
約120万円
施工事例

狭山市の笹井で屋根カバー、葺き替え工事と外壁塗装の作業

狭山市笹井 屋根カバー、葺き替え工事 外壁塗装 施工前
狭山市笹井 屋根カバー、葺き替え工事 外壁塗装 施工後
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
外壁塗装
その他塗装
その他の工事
使用素材
大屋根:IG工業 スーパーガルテクトフッ素 下屋根:稲垣商事 縦平スタンビー 外壁:ガイソーウォールフッ素4F
築年数
建坪
保証
大屋根:スーパーガルテクトフッ素 変退色・赤錆20年 穴あき25年 下屋根:縦平スタンビー 塗膜保証25年 外壁:フッ素塗料 施工保証10年
工事費用
183万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

所沢市 上安松 屋根カバー

こんにちは!今回は所沢市上新井にて行った屋根カバー工事の様子をご紹介します!お客様と事前に相談をさせて頂き、ご自宅を隈なく事前に確認。お客様が気付かれていない補修箇所も発見する事ができましたので、その部分についても補修させて頂くことになりま...........

DSC_0619

川越市で築30年の瓦棒の屋根の葺き替え工事を着工しました。瓦棒屋根とは金属系屋根材の1種で屋根勾配の緩い屋根に多く採用されてきた屋根材であります。ロール状に束ねられた板金を加工して屋根材を作成していきます。最近は見かけなくなりましたが瓦棒折...........

所沢けやき台 屋根葺き替え

こんにちは。本日は所沢けやき台にて行った屋根の葺き替え工事の様子をご紹介します。今回はいよいよ屋根材を設置していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680