オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

「フッ素塗料」での外壁塗装とデグラ社の「セネター」で屋根カバー施工 小手指


工事のきっかけ

外壁の表面が塗装がはがれボロボロになってきていて劣化がとても気になるので、外壁塗装をお願いしたいとご相談をいただきました。

所沢市 屋根カバー工事,防水工事,外壁塗装,その他塗装

ビフォーアフター

before
85a55e126b17c2501926f52fe8e3e45a-before
horizontal
after
2a5333dcaec45f9797a6884939597957-1-after

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,防水工事,外壁塗装,その他塗装
施工期間
約3週間
使用材料
・屋根:デグラ セネター ・外壁塗装:無機塗料 ・バルコニー防水:オートンウレアックス
施工内容その他
築年数
約15年
保証年数
・屋根 メーカー保証 基材保証30年 美観10年 弊社施工保証10年 ・外壁塗装 施工保証10年 
工事費用
約158万円
建坪
ハウスメーカー

1.現地調査

IMG_2537-1-columns2
こちらのお宅は、外壁がボロボロになってしまっているので
塗装をして欲しいとご相談がありました。

さっそく現地調査に伺いました。
ご依頼のあった外壁から見ていきます。

水が染み込んだような跡があります。
クラックから浸水があるのかもしれません。
IMG_2541-2-columns2
窓枠の下をは始め、雨水が伝ったところの汚れが目立ちます。塗膜の機能が低下している状態で塗り替え時期のサインです。

塗膜は塗り重ねた塗料が固まることで膜状になっている状態です。強い紫外線や雨風のダメージから建物を守る役目をしています。
IMG_2539-columns2
塗膜の機能が低下して剥がれると、汚れながら傷んでいき、膜の下の外壁材が剥き出しの状態になるので外壁材や内部の防水シートまでどんどん広がってしまうこともあります。
IMG_2540-1-columns2
軒天の損傷箇所と塗装の浮きやクラックが確認できます。
IMG_2515-3-columns2
こちらが家主様が一番気にされていた塗装の剥がれや浮きです。
かなりの広域に塗膜の剥がれが確認できるので、外壁材へのダメージを考えると早めの塗装が必要です。
IMG_2516-columns2
コーキングもやせてしまいその役目を果たせない状態になっています。
このまま放置が続くと雨水の侵入を許してしまうことになりかねません。
2019_11_27_20_38_25_605_6-1-columns2
こちらはベランダ床部分です。

トップコートの劣化で、防水効果は機能していないと水捌けが悪くなり汚れやすくなります。

その汚れとともにカビも発生しているのが確認できました。
IMG_2519-2-columns2
カビは立ち上がり部分にも広がり始めています。
IMG_2509-2-columns2
続いて屋根を点検します。

スレート材の先が欠けてきてしまっています。
セメントが主成分のスレート材は塗装で防水性を持たせて居ますがその塗膜が薄れてくると、スレート材が水分を吸収し天気が良いと乾燥します。このとき収縮を繰り返すので、脆くなってヒビが入り、そこから欠けたり割れたりして劣化が進みます。

IMG_2503-columns2
屋根全体の色あせと水捌けの状態から耐久性や撥水性が低下してきています。

この状態が続くとカビや苔、藻が発生しやすくなります。
湿気を好む苔や藻が繁殖してしまう前に塗装のメンテナンスは必要です。
こちらのお宅では、屋根の状態を写真とともに報告し、今回は屋根カバー工事を行うことになりました。

2.高圧洗浄

2019_11_27_20_38_25_559_1-1-columns2
まずは高圧洗浄をしていきます。

屋根の劣化が進むと少しずつ、粉化することがあります。
手で触るとチョークのような粉がつく状態のことを「チョーキング現象」と呼んでいます。

汚れと一緒にキレイに洗い流していきます。
2019_11_27_20_38_25_550_0-2-columns2
強い紫外線や雨風にさらされ汚れとともに劣化する屋根を洗い流したあとはしっかりと乾燥させます。
2019_11_27_20_38_25_593_5-1-columns2
ベランダ床です。
汚れとカビが溜まっていた床もキレイになりました。
2019_11_27_20_38_25_584_4-columns2
ベランダの立ち上がり部分の汚れやカビも一掃してキレイにします。
ここでしっかり汚れを落とすことが防水の性能をあげることにつながります。
2019_11_27_20_38_25_669_16-1-columns2
普段、自分の家の雨戸がしまっている状態を外から見ることが少ないと思います。
意外に汚れているものです。
高圧洗浄で気持ちよく汚れが落ちていきます。
2019_11_27_20_38_25_646_12-columns2
軒天も洗浄します。
直接に紫外線、雨風を直接受ける場所ではありませんが
この部分も、意外に汚れています。
2019_11_27_20_38_25_574_3-2-columns2
塗装が広域に剥がれめくれている外壁は、根こそぎ古い塗膜を取り除いていきますが外壁がダメージを受けてしまわぬよう 圧力はコントロールが必要です。

2019_11_27_20_38_25_727_27-columns2
外回りも洗浄します。塀も汚れが進むと苔が繁殖していくこともあります。

3.外壁塗装

2019_11_26_22_16_30_673_10-columns2
今回使用するのは「フッ素塗料」です。
大型商業施設やマンションなど長期間塗り替えが必要ないように開発された塗料です。
汚れにくく、紫外線や雨風から建物を守ります。
高価ではありますが光沢があり外観の美しさが長持ちすることから一般家庭でも使われるようになりました。耐久年数んは約20年と塗料の中で一番長持ちすることが人気の理由です。
2019_11_27_20_34_50_581_3-columns2
フッ素をはじめとした光触媒、無機、親水性塗料などで塗装おこなった際は、次回の塗装時も同じ塗料を使用することをおすすめします。
非粘着性の特性から新たな塗料が密着しにくい傾向にあるためです。
2019_11_27_20_34_50_552_0-columns2
フッ素塗料の特徴であるキレイなツヤが出ています。
2019_12_07_17_23_03_957_17-1-columns2
古い塗装が広域に渡ってはがれていた外壁部分です。
見違えるような仕上がりになりました。
2019_11_26_22_16_30_635_4-columns2
軒天は屋根の裏側部分で、屋根ほどは紫外線や雨風を受けることなありませんが、雨漏りなどが屋内に侵入しないよう建物を守っています。
2019_11_26_22_16_30_612_0-columns2
損傷や塗装の浮き、クラックが見られた軒天部分です。
補修を済ませ塗装も終わりました。

4.ベランダ

IMG_4502-1-columns2
ベランダ床です。
塗膜が薄れ防水性が低下して雨水が溜まりやすい角や立ち上がりには汚れとカビが発生していました。

下地処理を施し乾燥させたら、プライマーを塗布し乾燥、その後トップコートの「オートンウレアックス」を塗布します。
このトップコートの特徴は、硬化後は強靭な塗膜になるので耐久性が高まります。
2019_12_07_17_23_03_836_1-columns2
汚れとカビが目立っていた立ち上がりも、ご覧の通りキレイに仕上がりました。

5.屋根

DSC_1511-columns2
防水シートの施工です。
使用しているのは「ゴムアスファルトルーフィング」です。
ルーフィングとは、屋根の下葺き材です。
屋根から雨水などが入り込んでも、屋内に侵入させない防水機能を持ったシートのことをいいます。
DSC_1522-columns2
屋根からの雨漏りはこのルーフィングが損傷していたり劣化していることが原因のことが多いです
屋根より長持ちすることが肝心です。
「ゴムアスファルトルーフィング」の耐用年数は20年といわれています。
DSC_1530-1-columns2
デグラ社の「セネター」で屋根カバーの施工に入ります。
「セネター」はガルバリウム鋼板に天然の石つぶを吹き付けた屋根材です。
その風合いからずっしりしているイメージがありますが、金属屋根の中では吹き出るほどの軽量です。
そのため耐震・免震・制震に優れています。
DSC_1551-columns2
重厚感のある落ち着いた風合いでザラザラしたマットさが
和風にも洋風にもよく合います。
天然の石つぶは雨音を吸収し遮音の効果があります。
また、その石つぶが抵抗となり雪が滑り落ちにくいことから積雪地域で広く使われています。

6.付帯部

2019_12_07_17_28_25_282_20-1-columns2
庇もつやのあるキレイな仕上がりになりました。
IMG_4507-columns2
雨戸も塗装が完成です。
付帯部である雨戸や庇などは一見DIYでもできそうな場所ですが、業者が取り扱う塗料はその場所や状態に合わせた専門の塗料を用意し技術を用いて、長持ちさせることができるのです。
2019_12_07_17_23_03_919_12-1-columns2
軒樋のケレン作業です。
高圧洗浄では落としきれなかった、はがれた古い塗装やサビなどを削ぎ落としていきます。
塗装のための下地処理のひとつで「素地ごしらえ」と呼ぶこともあります。
2019_12_07_17_23_03_950_16-2-columns2
ケレン作業後の塗装が終わった状態です。
塗料が密着してキレイに仕上がっていることがわかります。

7.施工後

2a5333dcaec45f9797a6884939597957-1-columns1
これですべての工程が終わりました。

塗装前は、経年劣化による外壁の汚れが目立っていました。
全体的にも色あせがあり、傷みが大きかった場所は塗装が広域に渡ってはがれてしまっていました。

塗り替えの時期の目安としては

・色があせてきている
・汚れが目立ってきた
・触ると白い粉がつく

このような症状があったらメンテナンスのご検討時期にきています。


外壁塗装や屋根施工などをご検討の方は、街の屋根屋さん所沢店へ
お気軽にご相談ください。
点検・調査・お見積もりすべて無料で承ります。
  ↓    ↓
     

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

狭山市 セネターでの屋根カバー工事、フッ素系塗料の外壁塗装、ベランダ防水塗装

24255acb0cb9d8a7e44283eb9b88c37c-9
a1f625f252f2f380226dc26115a3d36a-1
工事内容
屋根カバー工事
防水工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
・屋根 セネター・外壁塗装 ガイソーウォールフッ素・ベランダ防水塗装 オートンウレアックス・コーキング サンライズMSI NB50 /
築年数
15年
建坪
保証
ガイソーウォールフッ素施工保証10年
工事費用
約215万円
施工事例

入間市でセネターの屋根カバー、外壁塗装、ベランダ防水工事

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (2)
変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 屋根カバー工事 (7)
工事内容
屋根カバー工事
防水工事
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:セネター 外壁:無機成分配合フッ素樹脂塗料、SRシールNB50 ベランダ:オートンウレアックスHG
築年数
約20年
建坪
保証
品質保証10年 美観保証30年
工事費用
約180万円
施工事例

軽量で高耐久のアスファルトシングル屋根材でカバー工事 飯能市

変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (2)
変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 オークリッジ施工 (12)
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:オークリッジスーパー 外壁:セラミック配合シリコン樹脂塗料 雨樋:パナソニックPC50
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用
約140万円

同じ地域の施工事例

施工事例

洋風瓦の屋根塗装、外壁サイディングの張り替えと外壁塗装 所沢市

fb65a144c06ab955d10c44d6b37f4b5d-1
a362559afd95d89500b50222f21234bf-1
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根:高耐候性シリコン樹脂塗料 外壁:ケイミュー シームストーン14ミリ、フッ素樹脂塗料 ベランダ:オートンウレアックスHG 
築年数
築25年
建坪
保証
工事費用
約207万円
施工事例

所沢市で屋根葺き替えとサイディングボードでの外壁リフォーム 

変換 ~ 所沢市 屋根葺き替え サイディング工事 施工前 (6)
変換 ~ 所沢市 屋根葺き替え サイディング工事 施工後 (15)
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
雪止め設置
その他の工事
使用素材
屋根材:オークリッジスーパー 外壁:ケイミュー モダンストライプ14ミリ
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約300万円
施工事例

30年の材質品質保証と10年の美観保証がついた屋根材セネターへ瓦屋根から葺き替え 所沢市

2021_01_05_20_17_52_157_1
DSC_0363
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
デグラ社のセネター
築年数
築35年
建坪
保証
品質保証30年  美観保証10年
工事費用
約103万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (9)

こんにちは!本日は入間市でのコーキング打ち替え工事をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 防水紙

こんにちは!本日は入間市での軽量屋根のカバー工事の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (2)

こんにちは!本日は入間市でスレート屋根に下葺きを行いましたのでご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680