オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

所沢市 屋根葺き替え前の野地板の上にゴムアスファルトルーフィングを施工


DSC_0297-2-columns1

こちらのお宅は、前回セメント瓦を撤去し野地板の増し張りをおこないました。


屋根の一番の土台となる野地板が、地震や強風にも強い構造になりましたので今回はその上に防水シートを貼っていきます。


前回までの工事の様子はこちらからご覧になれます。

  ↓      ↓
所沢市 セネターへ葺き替え前の野地板の増し貼り



屋根の役割は雨の侵入を防ぐことですが、あらゆる方向から縦横無尽に降る雨が屋根材の下に入り込んでしまうこともあります。


こんなときに二次的防水で食い止めてくれるのが防水シートです。


ルーフィング、下葺き材など呼ばれ方は様々ですがこの防水シートが破れや穴あきなどの劣化があると雨漏りとなるケースがほとんどです。


また、雨漏りする場所としては平面なところではなく屋根の谷部や棟、下屋根と壁の取り合い部などに集中します。


貼り方ひとつにも技術がいることがわかりますね。


DSC_0298-1-columns1

防水シートは、軒先から棟先に向かって貼っていきます。


重なるシートの重ね代を十分にとることになっていますが、重ね代をしっかり取らない業者もいますので貼っている状態の写真を撮影してもらい確認することも大事です。


また、上に屋根材を設置したらみることができませんので、業者が選んだ防水シートで作業が進んでいくこともあります。


防水シートはたくさんの種類がありますので、どんなシートを使うのかを確認し、仕上がった状態の写真も見せてもらうと安心ですね。


DSC_0323-1-columns1

今回使用する防水シートは、日進工業社の「カッパ」というゴムアスファルトルーフィングです。


ゴム、ポリマー、プラスチック、合成樹脂などを添加し、夏の暑さにも冬の寒さにも強い素材です。


最強な素材でも、難所である谷部や棟、下屋根と壁の取り合い部をしっかり貼っていか

ないと雨水の侵入を許してしまいます。


簡単そうに見えますが、手の抜けない技術のいる作業のひとつです。


DSC_0302-1-columns1

防水シート(ルーフィング)が貼り終わりました。


次回はいよいよ、セネターの屋根を設置していきます。



ルーフィングのことが詳しくわかります!

  ↓        ↓

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

line_359331650611830-e1618921725976

こちらは前回までに、屋根の葺き替え工事は終わりました。これまでの工事の様子はこちらからご覧ください。   ↓      ↓入間市 瓦屋根を軽量化した屋根へのリフォームをご希望のお宅の現地調査入間市 瓦屋根から超軽量で耐震性に優れたセネターで...........

DSC_0557-e1618902432993

こちらは前回、瓦屋根から軽量の屋根にしたい!とのご相談をいただき、現地調査にうかがいました。点検・調査の結果、屋根の葺き替え、付帯部塗装、室内階段手すりの設置をおこなうことになりました。前回の現地調査の様子はこちらをご覧ください。  ↓  ...........

IMG_8538-e1618845761473

こちらは、築30年のお宅です。瓦屋根のお家のメンテナンスを検討しているとのご相談をいただきました。こだわりをもって建てたお家なので、大事に長く住み続けたいとのお考えから、瓦屋根から負荷の少ない軽量の屋根にしたい!とご希望です。さっそく現地調...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680