オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

所沢市狭山ヶ丘 耐久性の高いフッ素樹脂を使った外壁塗装


line_27625903326073-columns1
 

これまでの過去の記事は下記リンクからご覧ください。

   ↓      ↓


それでは、外壁塗装していきます。


まずは下塗り作業からです。

下塗りはシーラーと呼ばれる塗料を塗布していきます。


シーラーの特徴は
塗装面と上塗り剤の両方の密着性を高める接着剤のような役割をします。
さらさらしていて粘り気がないので、最初に塗っておくと次の中塗り・上塗りの塗料の吸い込みを防げます

塗りムラや、仕上げ塗装が下地に吸い込まれて無駄にならないためにもシーラーでの下地調整はとても大事です。
IMG_9985-columns1

このような小さなひび割れには、フィラーを使います。


フィラーとは、「詰め物・埋める物」という英語が語源となっていて

その意味のとおり、凹凸を埋めて下地をなめらかにする補修用の下地剤です。


順番はフィラーで溝を埋めてから、シーラーへという流れになります。


line_27637572099506-columns1

最後に、フッ素樹脂塗装で仕上げていきます。


フッ素樹脂塗装とは・・・


六本木ヒルズで使われていることは有名ですね。

耐久性が非常に高く、長持ちするよう高層ビルなどのために開発された高価な塗料です。


その耐久性はシリコン塗料の耐用年数が10〜15年に対して、フッ素樹脂は15〜20年と塗料の中で最も長く 長時間紫外線や雨風にさらされても密着の性能を落とさず 隙間を作らないので建物をしっかり守ることができるのです。


また意外に知られていないのは、フッ素塗料の塗膜自体に防カビ性、防藻性を持っているものが多くカビや藻の繁殖に悩ませれることが他の塗料よりは少なくなります。


このような利点の多さから、塗装を長持ちさせたいと考える方が増え一般家庭の塗装でもフッ素塗料が使われることが浸透してきています。


塗料についてはコチラの記事も是非ご覧ください

↓↓↓

屋根塗装・外壁塗装の塗料についての基礎知識



line_27643695964869-columns1

見違えるほどの外観になってきました。


あとは、付帯部を残すのみです。

付帯部とは雨樋や軒天・破風板などの部分を指します。


この付帯部をどんな色にするかで、建物の印象は大きく変わります。

果たしてどんな色にして仕上げたのかは次回、お伝えします。


一度組んだ足場はリフォーム丸ごとが断然お得です。

賢く有効活用するためのご提案 詳しくはこちらをご覧ください。

   ↓        ↓

一度の足場で二度おいしい屋根・外壁工事


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

56d74b040223a1dba48d3d53e4083b2f-e1614527380128

こちらは築23年のお宅です。破風の剥がれがあることと、その他の劣化が気になるとのご相談で見積もりをご希望です。さっそく、現地調査にうかがいました。まずは、写真が破風の様子です。塗装の劣化で剥がれてきているのが確認できます。このままでは接合部...........

5fe8c685dc66b3b86b81b501692fd0c7-3-e1614496745470

こちらは前回までに屋根塗装・外壁塗装・コーキング打ち替え・軒天、破風、庇塗装・ベランダ防水工事が終わりました。今回は雨樋塗装をおこなっていきます。点検では特に不具合が見つからなかったので、交換や補修はせずに塗装だけの施工となります。雨樋は塗...........

ac80819e43c8acd631363e0920fb685f-1-e1614495767867

こちらは前回までに屋根塗装、外壁塗装、コーキング打ち替え、軒天・破風・庇の塗装までが終わりました。今回は、ベランダ防水工事をおこないます。写真のようにベランダの汚れが目立ち、特に雨水が溜まりやすいところは防水加工が劣化しているのがわかります...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680