オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

セメント瓦から高耐久「スーパーガルテクト」への屋根葺き替え 高性能フッ素塗料で外壁塗装 所沢市


工事のきっかけ

所沢市で築25年になるお宅です。屋根瓦の塗膜が劣化して剥がれているところや汚れが目立ってきました。経年劣化によるメンテナンスのご依頼がありました。

所沢市 屋根葺き替え,防水工事,外壁塗装,部分塗装,その他塗装

ビフォーアフター

before
c745c5a722584e400012b5880ecce447-3-before
horizontal
after
9f3ca3672594e0eccdc06fe721b31d22-after

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,防水工事,外壁塗装,部分塗装,その他塗装
施工期間
約3週間
使用材料
屋根:スーパーガルテクト 外壁塗装:フッ素塗料 ベランダ防水:オートンウレアックスHG モルタル補修:柄付け
施工内容その他
築年数
約25年
保証年数
工事費用
約230万円
建坪
ハウスメーカー

1.現地調査

24255acb0cb9d8a7e44283eb9b88c37c-columns2
経年劣化のためメンテナンスをお考えとのご相談を頂いた所沢市のお宅です。現地調査に伺いました。

出窓のデザインが素敵なお宅で、とても大切にお住まいになっていることが分かります。
離れたところから見ると大きな破損や傷みは目立っていません。
dee85fe2440aca02887c2bf07c36eb06-1-columns2
屋根の状態から確認していきます。

屋根の上は普段は見える所ではありません。見えないところだからこそ定期点検、定期的なメンテナンスは重要です。屋根の状態をプロの目から点検していきます。
8f40f627d68fcfd9e10df713bfe04714-1-columns2
さらに近づいてみるとセメント瓦に塗装された塗膜が劣化しています。

塗膜が剥がれて汚れが付着している様子が分かります。

セメント瓦は塗装された塗料によって防水性を保っていますがこのまま放置してはセメント自体が脆くなって割れてしまうなどさらに深刻な雨漏りの原因になります。
07d49c9556f15a1c9ef54f178b0ad8f0-columns2
屋根の段差の継ぎ目の部分にはひび割れが数か所見られます。このままでは内部に雨水が侵入して建物内部の腐食など深刻なダメージになります。

セメント瓦は重量があり耐震性に不安があります。そのため現在では耐震性、耐久性、耐候性に優れた軽量の瓦や金属屋根が開発されてセメント瓦は製造されていません。普及しているセメント瓦も30年から40年前のものとみられ耐用年数が経過しています。

メンテナンスは約10年ごとに塗り替え、25年から35年で葺き替えが必要です。
こちらのお宅は築約25年になります。
屋根の葺き替え工事をおすすめしました。
8ef6b62c5ce07e845aeef2bf0f9a35af-3-columns2
外壁も近づいて点検するとひび割れ、下屋根との境目に剝がれがあります。ひび割れや剥がれが拡がらないうちのメンテナンスで大切なお住まいを長持ちさせます。

外壁と雨戸、庇、破風板、水切りなど付帯部の塗装が決まりました。

建物には付帯部と呼ばれるたくさんのパーツがあります。外壁と接している部分なので同時に防水塗装を施工して付帯部から雨染み、汚れ、劣化を防ぎましょう。
Image-1-columns2
ベランダはトップコートの塗装が剥がれています。

ベランダからの雨水の浸水でその下にある1階の天井や壁に雨漏りの被害が及んでしまいます。
防水機能を備えた塗装が必要です。

2.高圧洗浄

a7019bdb44b9ba26caf2dae9c1dbcc32-5-columns2
現地調査が終わって、セメント瓦から高耐久金属屋根「スーパーガルベスト」への屋根葺き替え工事、高性能「フッ素塗料」による外壁塗装、付帯部塗装、ベランダの防水塗装などの施工が決まりました。

まずは、建物全体の高圧洗浄です。
6ba21c9dffe046bea3dc2906dd546b8c-5-columns2
雨風や紫外線にさらされている屋根や外壁の塗膜は汚れ、苔、カビの発生やチョーキング現象(塗料の劣化によって粉状になる)が起こっています。このままの状態で塗装しては長持ちしません。

高圧洗浄で古い塗膜や汚れを取り除いてしっかりと下地処理をすることによって新しい塗料を密着させて優れた防水機能を発揮します。

高圧洗浄は必ず必要な工程です

3.屋根葺き替え工事

9dd8848808407418fc3589ff1ae5e88c-1-columns2
「スーパーガルテクト」による屋根葺き替え工事のために、まずは、古い瓦を取り外して撤去します。

セメント瓦はこれから施工する「スーパーガルテクト」の約10倍の重量がありました。
550a89080e5c6b3ad16eace0f0775797-1-columns2
今回は葺き替え工事なので瓦を撤去するので、その下の古くなった防水紙の張替えや野地板のメンテナンスをすることができます。
4379a0196668fc046eb035b9e16c6abf-1-columns2
瓦の下の傷んだ防水紙を取り除いて長い間にたまった埃やゴミを清掃します。
7d86dc92afbbf4eced538736b7f7ee9b-columns2
古い防水紙とゴミを取り除いてキレイに清掃して野地板を点検していきます。

屋根を支える重要な部分である野地板ですが屋根が完成してしまえば目に見えなくなってしまう部分です。
メンテナンスのチャンスはなかなかありません。
葺き替えを行う場合は必ず丁寧に点検してメンテナンスしていきます。

野地板が傷んでいる場合は補修や交換をします。
張替え、増し張りという施工で補強する場合もあります。
4d32d0610841eb46cc8c50575ab09204-columns2
アスファルトルーフィング材を施工します。

雨漏りを防ぐ高耐久の防水紙です。軒先から棟に向かって縁を10センチほど重ねながら張っていくことによって雨の侵入を防ぎます。
65d1754ace3b40f952b76a3664eb282c-columns2
日新工業の「カッパ」アスファルトルーフィング材を使用します。

特殊合成繊維、鉱物質粉粒、アスファルト含浸紙などが何層にも重ねられた強靭な強さと優れた耐水性の防水紙です。
668c1f119042aa164fbd6135c1b7a119-columns2
防水ルーフィングの工事が終わった部分から新しい金属屋根材を施工していきます。棟部分には貫板を設置して板金を取り付けていきます。

複雑な形状の屋根です。形に添って隙間なく丁寧に施工していきます。
92940c643b18e9bb72c6f6ecae5f68a0-columns2
屋根材は軽量設計の高耐久金属屋根「スーパーガルテクト」です。

「スーパーガルテクト」は遮熱機能のあるガルバリウム鋼板と断熱性と遮音性に優れた硬質ウレタンフォームさらに強度が強く輻射熱を反射するアルミラミネート加工紙を一体成型して作られています。
一年を通して夏は涼しく冬は暖かく快適なお住まいを実現します。

20146a0660afc4696985315fc4b21c13-columns2
棟板金を固定するために貫板を棟に取り付けてます。
葺いた屋根材を固定するための作業です。
82036b33f4b88b0a37c8a327a916d964-columns2
貫板に添って棟板金を取り付けていきます。

屋根が複雑な形なので多方面に棟板金の取り付けが必要になります。わずかな隙間も許されません。
60ee45d735e1b97fc4f54b2d83497aaf-columns2
所沢市は温暖な地域なので雪止めを設置していないお住まいも多いですが、万一に備えての雪対策に「雪止め」を設置しました。

雪の重みで起こる雨樋の破損、カーポートや車の破損などの落雪被害を防ぐことができます。
b1eb6a8bdd1bbbc2ff2f445b7e36b0ee-columns2
セメント瓦から金属屋根「スーパーガルテクト」への葺き替えが完了しました。

金属屋根が「安っぽい」というのは過去のイメージですね。
デザイン性に優れて高級感のある仕上がりです。

今回の葺き替えで屋根の重さは10分の1になりました。
屋根材の軽量化によって耐震性能が向上しました。安心して長く住める地震に強い家に生まれ変わりました。
地震対策には軽くて強い金属屋根が最適です。

4.下屋根モルタル補修

6dfe7ef4a586b1cd2c1b815bbdd1d84c-columns2
屋根葺き替え工事のために下屋根と外壁の間に厚みの差ができます。厚みの段差を埋めるために「モルタル左官補修工事」をします。

厚さの差ができた部分に防水シートを貼ってさらに「ラス」といわれる格子状の針金のネットを貼ります。
この後のモルタル下塗りでモルタルを密着させて割れにくくする補強のためです。
bee3e694ba394226879635580ee6d186-columns2
その上にモルタルで下塗りをしていきます。下塗りと乾燥を何度か繰り返して平らな面になるまで塗ります。
5975c11f04faf5dc7958e10fdf13bd69-columns2
左官補修の上に塗装をします
fde83116f50f3ba593f6e7e2a037ebac-columns2
塗装で仕上げをして既存の外壁との段差がキレイになくなりました。

雨水の侵入を完全に防止する必要のある重要な作業です。

5.外壁塗装

7c1b82c0b8ecc86ea7d5845bcdab18d9-1-columns2
まず、高圧洗浄で汚れを除去して下地処理がされた外壁に「下塗り」をしていきます。
6d3ab3fe2054064e6bf32a66500042dd-1-columns2
最高ランクの高性能「フッ素塗料」を使って塗装をしていきます。

ローラーを使った手作業で丁寧に中塗りをします。

f9e374503221fcbf6f263dfee8bde409-1-columns2
上塗りの作業をすすめていきます。

「フッ素塗料」はもともとは一般住宅向けではなくビルやマンションなど長期塗り替えをしない前提の建物に使われていました。高価ですが汚れにくく耐候性、耐久性を両立した最高ランクの高性能塗料です。

中塗りと上塗りの2回使うことによって強靭な塗膜に仕上がります。
b17c66e82f7b8a3bfba89ae4136a0618-columns2
上塗りの作業が終わって外壁塗装の完成です。

塗料の性能を十分に引き出すために塗りを重ねて厚い塗膜を作ります。「フッ素塗料」は長期間光沢を維持して美しい外観を長く持続します。

厚みがあって光沢のある塗膜がしっかりと建物を守っている信頼感があります。

付帯部塗装

4c8bfc33cc4a9f88158230733f98e6e6-2-columns2
こちらは屋根の先端にある「破風」の塗装です。

屋根の先端にあって雨水や風が家の内部に吹き込むことを防いでる重要な部分です。
2b2a8de57542527f78a2559d52c408b6-1-columns2
破風の塗装が仕上がりました。

塗装によって防水性能を強化して劣化を防ぎます。
d0198e4e025a7e635207d32e61769232-1-columns2
こちらは庇のケレン作業の様子です。

汚れや錆びを落とす作業をケレン作業と言います。
サンドペーパーを使って手作業で丁寧に錆びを落とします。
33a41b18ce4fe2549471277ddfe1f177-columns2
ケレン作業によって下地が調整されて塗装がしっかり付着します。
防錆塗料で下塗りをして金属製庇の錆びを防ぎます。
645e412cb9c2837679e90e40b69478d0-1-columns2
上塗りをしていきます。

金属製の付帯部は塗装によって錆びを防ぎます。
48d1ed933b4dcb794ca281ae2dd26533-columns2
庇の塗装完成です。

庇、破風などの付帯部の塗装が重要な理由は、それぞれに防水機能の役目を持っているからです。
4aea3b18e4b7d689c271d80038bec5c7-columns2
雨戸のけれん作業です。表面についた汚れや錆びをサンドペーパーで落としていきます。
5fe8c685dc66b3b86b81b501692fd0c7-columns2
雨戸の下塗りの作業です。
494e62248945bd0f094d1e2298632878-columns2
平らではない表面なのでローラーと刷毛を使って塗装します。
ba92e525430cf8992453c5a509e2f705-columns2
こちらは、建物の土台と外壁との境目や窓枠の下に設置されている「水切りという箇所の塗装です。

水切りの役目は雨水が窓枠の下側をつたって外壁を汚さないために設置されています。水切りが無ければ外壁の窓枠の下に雨染みが出来てしまいます。錆びや腐食の劣化を防ぐために丁寧に塗装していきます。

建物全体の耐久性を保つためには、さまざまな付帯部の劣化を見逃さず施工することが大切です。

ベランダ防水塗装

3b7ad9154bb1ecb7011a4e51fd2a224a-columns2
ベランダは、塵、油分、砂などの除去清掃をして洗浄します。
乾燥させてからひび割れなどがあればそれを埋める下地処理をして下塗りをします。
fb55891bf0ee7c23dc1e758663d042cb-columns2
専用の下地塗料をローラーを使って均一に塗布しました。
ab0f76e7dd5cc04f13e4682d716db9f2-columns2
「オートンウレアックスHG」で防水塗装をしていきます。1回目の塗装です。
3a5ca754e8fd9d97336f21a9a9ba7362-columns2
さらに2回目の塗装、上塗りで厚い塗膜が出来てきました。

80cf06861157a61cbe663de4ef956d97-columns2
ベランダのトップコートの防水塗装が完成しました。

5時間以上このまま静置して防水塗膜ができ上がるのを待ちます。
0284b90d55cf326f830294d564425020-columns2
光沢のある仕上がりは強靭な塗膜ができている証拠です。

「オートンウレアックスHG」は、強靭な塗膜で20年以上の耐候性、耐久性を実現する高性能防水塗料です。

施工後

f78c1b82d0e3dcd480e5ed0c4c4fafbb-2

こちらが施工後の写真です。

外観は、以前の白から大きくイメージチェンジして、白い窓枠の出窓とのコントラストが際立った美しい仕上がりは新築のようです。
今回の屋根の葺き替えでは屋根材軽量化によって耐震性能が向上しました。安心して長く住める「災害に強い家」に生まれ変わりました。
820f52ccdc520ee0b8032b8aad6508e3
〇 屋根は高耐久金属屋根「スーパーガルテクト」に葺き替え工事
〇 外壁は最高ランクの高性能「フッ素塗料」で塗装工事
〇 ベランダは高性能防水塗料「オートンウレアックスHG」で塗装工事
〇 雨戸、庇、破風板、笠木など付帯部の塗装工事

足場組立、屋根解体工事も含めて、施工費用は約230万円となりました。

リフォームをご検討の際は、安心の「リフォーム瑕疵(かし)保険」登録業者である「街の屋根やさん所沢店」にお気軽にご相談ください。



【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

軽量で地震対策にもなるハイブリッド屋根瓦への葺き替え 所沢市

所沢市 西狭山ケ丘 屋根葺き替え工事 施工前
所沢市 西狭山ケ丘 屋根葺き替え ルーガ
工事内容
屋根葺き替え
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:ケイミュー社 ルーガ 外壁:シリコン塗料
築年数
約30年ほど
建坪
保証
屋根:製品本体保証10年、色保証10年
工事費用
約110万円
施工事例

自然石の風合いが美しく災害にも強い軽量瓦「ルーガ雅」の施工

東京都東大和市 屋根葺き替え、外壁塗装工事 現地調査 (20)
東京都東大和市 屋根葺き替え、外壁塗装工事 施工事例 ルーガ (7)
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根材:ケイミュー社 ルーガ雅 外壁:ガイソーウォール無機F 雨樋:パナソニック PC50
築年数
建坪
保証
屋根:色保証10年、製品本体保証10年 外壁:塗膜保証10年
工事費用
204万円
施工事例

所沢市で劣化したパミールの屋根材をスーパーガルベストに葺替え

所沢市若狭 屋根カバー・葺き替え工事 施工前
所沢市若狭 屋根カバー・葺き替え工事 施工後
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
屋根:株式会社オリバー「スーパーガルベスト」
築年数
建坪
保証
屋根材「スーパーガルベスト」 塗膜:15年 赤錆:20年 穴あき:25年
工事費用
約200万円

同じ地域の施工事例

施工事例

「フッ素塗料」での外壁塗装とデグラ社の「セネター」で屋根カバー施工 小手指

85a55e126b17c2501926f52fe8e3e45a
2a5333dcaec45f9797a6884939597957-1
工事内容
屋根カバー工事
防水工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
・屋根:デグラ セネター ・外壁塗装:無機塗料 ・バルコニー防水:オートンウレアックス
築年数
約15年
建坪
保証
・屋根 メーカー保証 基材保証30年 美観10年 弊社施工保証10年 ・外壁塗装 施工保証10年 
工事費用
約158万円
施工事例

所沢市 超耐久性と高断熱性の2大効果で価格も経済的「スーパーガルベスト」施工

20200827tokorozawashiyanekaba-22
20200827tokorozawashiyanekaba-11-1
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
屋根 スーパーガルベストシルキーGll 雨樋 パナソニックPC50
築年数
12年
建坪
保証
塗膜15年 赤錆20年 穴あき25年保証
工事費用
約110万円
施工事例

アスファルトシングル屋根材「オークリッジスーパー」で屋根カバー工事 所沢市

c745c5a722584e400012b5880ecce447-6
ae8047b9e6b2d4ea574fe7a29c58d745
工事内容
屋根カバー工事
部分塗装
その他の工事
使用素材
アスファルトシングル屋根材 オークリッジスーパー
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約76万9千円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

所沢市 上安松 屋根カバー

こんにちは!今回は所沢市上新井にて行った屋根カバー工事の様子をご紹介します!お客様と事前に相談をさせて頂き、ご自宅を隈なく事前に確認。お客様が気付かれていない補修箇所も発見する事ができましたので、その部分についても補修させて頂くことになりま...........

DSC_0619

川越市で築30年の瓦棒の屋根の葺き替え工事を着工しました。瓦棒屋根とは金属系屋根材の1種で屋根勾配の緩い屋根に多く採用されてきた屋根材であります。ロール状に束ねられた板金を加工して屋根材を作成していきます。最近は見かけなくなりましたが瓦棒折...........

所沢けやき台 屋根葺き替え

こんにちは。本日は所沢けやき台にて行った屋根の葺き替え工事の様子をご紹介します。今回はいよいよ屋根材を設置していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら所沢店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-971-680